日本語研究史の要点

日本語学史

 

a.日本語学史・・日本語研究の歴史

 

cf.雑誌『日本語学』2016年4月特大号-「特集 人物でたどる日本語学史」-

空海・円仁・源順・藤原定家・仙覚・清原宣賢

ロドリゲス・契沖・新井白石賀茂真淵・谷川士清・越谷吾山・

本居宣長富士谷成章本居春庭石塚龍麿鈴木朖

ホフマン・ヘボン西周前島密大槻文彦物集高見森鷗外二葉亭四迷夏目漱石

上田万年山田孝雄柳田国男橋本進吉・松下大三郎・時枝誠記

 

b.日本語研究史-人物中心-

 

ロドリゲス(1561?-1633)・・『日本大文典』『日本小文典』

宣教師、日本語の話し方の文法研究。

チェンバレン(1850-1935)・・『日本語口語入門』

帝国大学で博言学を講じた。

ヘボン(1815-1911)・・『和英語林集成

医者、宣教師、ヘボン式ローマ字、聖書の日本語訳。

上田万年(1867-1937)・・『国語のため』

「P音考」、国語調査委員会主事(標準語・仮名遣い・文体の検討)。

大槻文彦(1847-1928)・・『言海』『広日本文典』

近代的辞書の作成、明治初期の洋式文典と江戸時代の国学者の文法との和洋折衷の文法。

山田孝雄(1873-1958)・・『日本文法論』『日本文法学概論』

最後の国学者、副詞の三分類(情態・程度・陳述)、文の成立論。

松下大三郎(1878-1935)・・『改撰標準日本文法』『日本俗語文典』

独自の用語を使用した文法、中国人留学生への日本語教育話し言葉の文法。

橋本進吉(1882-1945)・・『国語法要説』『国文法体系論』

外形・形式重視の文節文法を提唱。

時枝誠記(1900-1967)・・『国語学原論』『日本文法口語篇』

詞(客観的概念)と辞(主観的表現)の重層的組み合わせによる、言語過程説を提唱。

佐久間鼎(1888-1970)・・『現代日本語の表現と語法』『日本語の特質』

ゲシュタルト心理学、コソアドの研究、アクセント論。

三上章(1903-1971)・・『現代語法序説』『象は鼻が長い』

主語を認めず、主語廃止論を主張。

 

 

 

 

長沼直兄・西洋人の受身記述

2013.7.20(土)

國學院大學日本語教育研究会

発表資料

 

長沼直兄の日本語教科書における受身文について

                                                                  

國學院大學大学院生  岡田 誠

 

 

はじめに

 

本稿では、近代・現代の日本語教育に偉大な業績を残した長沼直兄の受身記述及び、長沼直兄編纂による日本語教科書における受身文の扱い方に焦点を当てて、考察することとする。丸山敬介(1997)、河路由佳(2010)の指摘にもあるように、長沼直兄の中心となる考え方を示している、NAGANUMA(1945)『FIRST LESSONS IN NIPPONGO』開拓社(以下、略称『FLN』)、及び長沼直兄(1931-1934)『標準日本語読本』財団法人言語文化研究所をテキストとして用いることとする(注1)。

 

 

1.長沼直兄の日本語教科書受身記述

 

長沼直兄(1945)『FLN』は、英語による日本語の入門書である。そこでは、41課で次のように英語と日本語との受身表現の違いに言及し、「れる」「られる」の形式で受身動詞になり、日本語の場合には、英語と異なり、受動的事柄に限定して受動表現が使用され、ほとんどの受身表現には対応する能動表現があることを述べている。

 

The Japanese passive is very different from the English passive voice. In English the passive voice is used profusely, not because it is absolutely necessary, but because it is convenient to avoid mentioning a subject. It is merely used as a grammatical means. Such construction as “People say that …”or“They say that…”are clumsy, so that“It is said that…”is used to avoid them.

The Japanese passive is different. It is used only when a passive construction is necessary.

In the case of “yodan”verbs the passive voice is formed by adding reru(which has its own inflections) to the negative base(which ends in a)

・・(中略)・・

In Japanese comparatively small number of verbs are used in passive constructions since most sentences may be expressed by the active voice.

 

また、主語が人間ではない「非情の受身」と動作主が非情物の場合についても、次のように述べており、日本語本来のものではない表現で、めったに使われないものであることを述べ、迷惑・被害の受身には言及せず、「雨に降られる」は擬人法・慣用表現としている。

 

An important thing to remember concerning the passive is that the subject of a passive sentence is usually a living thing such as a person, an animal ,an insect, etc. Inanimate objects are seldom used as subjects or agents except when they are personified or idiomatically used Ame ni hurareru is an example of an idiomatic construction.Further examples are:

Kono sinbun wa hiroku yomarete imasu.

This newspaper is widely read.

Kaze ni hukarete hana ga tirimasita.

Blown by the wind flowers have fallen.

Ano hito no namae wa yoku sirarete imasu.

His name is well known.

 

このように、『FLN』では、日本語と英語の受動表現の違いに着目しながら受身文を展開している。この方針は、Naoe NAGANUMA(1950)『Grammar & Glossary』及びNaoe NAGANUMA(1950)『BASIC JAPANESE COURSE』でも同様である。

 

また、『FLN』の大きな特色として、Substitution Tableと呼ばれる置換表をそれぞれの課に配置していることがあげられる。これは基本的なものから順に並べた文型練習用のテキストであることを示している(注2)。以下、41課の置換表と例文を示してみる。

 

Oziisan ni sikara-

Syuzin ni tanoma-

Hito ni warawa-

Dorobo ni nusuma-

Ame ni hura-

-remasita.

-reru desyo.

-reso desu.

-renaide kudasai.

-retaku wa arimasen.

 

1.Oziisan ni sikararemasita.                        I was scolded by grandfather.

2.Shuzin ni tanomaremasita.                       I was asked by the master.

3.Hito ni warawaremasita.                           I was laughed at by people.

4.Dorobo ni nusumaremasita.                      I was robbed by a robber.

5.Ame ni huraremasita.                               I was caught in the rain.

6.Oziisan ni sikarareru desyo.                     You will be scolded by grandfather.

7.Syuzin ni tanomareru desyo.                    You will be asked by the master.

8.Hito ni warawareru desyo.                        You will be laughed at by others.

9.Dorobo ni nusumareru desyo.                   You will be robbed by a robber.

10.Ame ni hurareru desyo.                          You will be caught in the rain.

  1. Oziisan ni sikarareso desu. We are likely to be scoled by grandfather.
  2. Syuzin ni tanomareso desu. We are likely to be asked by the master.
  3. Hito ni warawareso desu. We are likely to be laughed at by people.
  4. Dorobo ni nusumareso desu. We are likely to be robbed by a robber.
  5. Ame ni hurareso desu. We are likely to be caught in the rain.
  6. Oziisan ni sikararenaide kudasai. Please don’t get scolded by grandfather.
  7. Syuzin ni tanomarenaide kudasai. Please don’t be asked by the master.
  8. Hito ni warawarenaide kudasai. Please don’t be laughed at by people.
  9. Dorobo ni nusumarenaide kudasai. Please don’t be robbed by a robber.
  10. Ame ni hurarenaide kudasai. Please don’t be caught in the rain.
  11. Oziisan ni sikararetaku wa arimasen. I don’t want to be scoled by grandfather.
  12. Syuzin ni tanomaretaku wa arimasen. I don’t want to be asked by the master.
  13. Hito ni warawaretaku wa arimasen. I don’t want to be laughed at by others.
  14. Dorobo ni nusumaretaku wa arimasen. I don’t want to be robbed by a robber.
  15. Ame ni huraretaku wa arimasen. I don’t want to be caught in the rain.

 

これらの置換表の例のローマ字書きを漢字仮名交じり文に直すと、「おじいさんに叱られました」「主人に頼まれるでしょう」「人に笑われそうです」「泥棒に盗まれないでください」「雨に降られたくはありません」となり、次のことが指摘できる。

○「れる・られる」で受身を作る。

○受身はニ格で動作主を示す。

○受身表現と会話の「です・ます」表現、依頼表現、推量表現、意志表現を重視する。

○会話を扱っているので、受身文の主語を省略する。

○いずれも例文は、会話に多い迷惑の受身の例である。

 

42課の可能を扱っている課でも受身についての言及があり、可能動詞はpassive formとして扱い、非情の受身はめったに使わないことを示し、日本語特有の受身として自動詞の受身について述べ、それらは迷惑・被害の受身となっていることを以下のように述べている。

 

 

Dictionary form         Passive form

taberu                 tabe-rareru

akeru                 ake-rareru

miru                   mi-rareru

kiru                   ki-rareru

Minasan ni homeraremasu.

He(or She) is praised by everybody.

However, as was mentioned already inanimate objects are seldom used as subjects are seldom used as subjects of passive sentences.In Japanese, even such a sentence as “This fish is eaten”sounds strange. “The book is opened”is practically impossible.

・・中略・・

One characteristic point of the Japanese passive which is totally different from English is that Japanese intransitive verbs can be made passive.In such a case it means that the subject of a sentence gets the effect or sesult of an action by another.

Watakusi wa okyaku ni koraremasita.

“I was come by a guest”is impossible in English, but the above is a perfectly good Japanese sentence. It means that I get the effect of a guest’s coming, hence “A guest came”(to my regret).

Kodomo ni nakarete komarimasita.

I was quite troubled by the child’crying.

Anokata wa okusanni sinarete komatte imasu.

He is quite troubled owing to his wife’death.

 

また、この42課では、以下のように受身は可能の意味を伴っているため、受身と可能の見分け方についても述べている。

 

The Japanese passive is often used in a potential sense. To be exact there is a form which denotes potentially, and this form happens to be the same as the passive. Therefore, we have to use our judgment in determing whether the form is passive or potential.

・・中略・・

Generally speaking, a potential sense is more usual in a sentence whose subject is inanimate.

 

また、45課では使役を扱い、以下のように使役受身について述べている。

 

In case the causative is to be used in a passive construction the passive element comes after.

Mazui mono wo tabe-sase-raremasita.

   I was made to eat a tasteless thing.

Zuibun matase-raremasita.

   I was made to wait a long while.

Takai mono wo kawase-raremasita.

   I was made to buy an expensive thing.

 

このように受身動詞の項目で受身をすべて説明せずに、可能動詞の課で「自動詞の受身」「迷惑の受身」、使役動詞の課で「使役受身」について述べる方針をとっていることがわかる。Naoe NAGANUMA(1950)『Grammar & Glossary』は、『FLN』よりも整理された形で解説を施し、関正昭(1997)によると、長沼直兄日本語教育文法の集大成とされ、日本語教科書の文法解説に大きな影響を与えたものであり、『FLN』とほぼ同内容であるが、迷惑・被害の受身については言及していない。また、Naoe NAGANUMA(1950)『BASIC JAPANESE COURSE』は、受身の文型を取り出して整理して並べたもので、細かい説明は省いてある。このように『FLN』は、1952年に『First Lessons in Japanese』と改題されて長沼直兄の著作としてもっとも長く使われたものの一つであり、長沼直兄の受身に関する捉え方を詳しく知るのにも適している。

 

 

2.長沼直兄の日本語教科書における受身の使用状況

 

長沼直兄(1931-1934)『標準日本語読本』を用い、受身の用例調査を行ったところ、次のようになった。表は用例数を示し、有は主語が有情、非は主語が非情であることを示す。

 

 

巻1

巻2

巻3

巻4

巻5

巻6

巻7

巻全体

主語表出

15

有9

非6

31

有7

非24

54

有18

非36

84

有13

非71

99

有26

非73

94

有19

非75

49

有31

非18

426

有123

非303

二格

 

5

 

1

11

10

14

8

8

57

ヲ格

 

2

 

7

6

6

20

13

5

59

カラ格

 

2

 

0

8

3

4

2

2

21

ニヨッテ格

0

 

2

2

4

4

2

2

16

自然的可能

0

 

7

6

14

4

7

5

43

用例数

16

47

79

109

127

115

67

560

(受身の例)

○直接受身

・部首はその位置によって分類され、それぞれに名称がある。(巻2)

・お前はわしに捨てられて却つて仕合せだな。(巻3)

○間接受身

・其処に碇泊してゐる中、土人にボートや船具を盗まれたので、マゼランは此処を泥棒群島と名付けた。(巻3)

・我々ハ暗夜ニ燈ヲ失ヒ、又ハ耳目ヲ奪ハレタ如ク感ズルデアラウ。(巻4)

○自動詞の受身

・丁度其の時飛下りて来た鳥が傷けられた虫をくちばしにくはへた。(巻3)

・うむ、困つた。あんな人に居られちや何も書けやしない。(巻3)

○持ち主の受身

・或時馬をぬすまれた人が別な馬を買いに馬市へ行きました。(巻1)

・而もその悉くが顔面と言はず手足と言はず癩病の為に懐しい我が家を追はれ、定住する所もなく、・・。(巻5)

○非情の受身

・斯クシテ帝国憲法ハ外国ノ例ニ見ルガ如キ何等ノ流血ヲ見ルコトナクシテ発布セラレ立憲政体トナツタ。(巻5)

・世界経済会議は昭和八年六月十二日午後三時厳かに開かれた。(巻6)

○自然的可能の受身

・其ノ記事ハヨク三面記事ト言ハレテ居ルケレドモ、・・。(巻4)

・昔或所に木上りの名人と言はれた人がありました。(巻5)

○使役受身

・家人の手から彼が何を受け取ったか知らないが、懸声と一緒にスパリと手が落ちる代わりに、其の大きな手には一円札がにぎらせられた。(巻2)

※使役受身が少ないのは、近代の特徴である「任ぜられる」「惑わされる」などのように、サ変や使役化している動詞に「らる」が多いためではないかと考えられる。

 

受身の意味的分類で一般に用いられる、「直接受身」「自動詞の受身」「持ち主の受身」「迷惑の受身」「非情の受身」「自然的可能の受身」「使役受身」といった一通りの受身文が出ている。また、動作主の格表示も表に掲げた「二格」「カラ格」「ニヨッテ格」以外にも、「デ」「ニテ」「ニヨリ・ニヨリテ」「ヲ以テ」「ヨリシテ」「ヨリ」「ノ為・ノ為ニ」といった多様な表現が出てくる(注3)。

受身文は、日本語のレベルが上がるほど用例数が多くなる傾向があるため、『標準日本語読本』は巻1の第一部が初級、第2部から巻2が中級・上級に該当するため、そこまでに一通りの受身の形は揃い、巻5までは、巻を追うごとに受身文が増加しているので、レベル別の意識がなされているといえる。巻6(文型練習中心)と巻7(手紙文中心)は、『再訂標準日本語教科書』の際には、再版されなかったものであり、巻5までで完結していると受身文の用例数からも考えることもできる。

また、近代文語文による漢文訓読調の漢字カタカナ交じり文では、受身の用例が頻出し、主語の表出率及び非情の受身の比率が高い(注4)。このことは、近代文語文による漢文訓読調の文章は、一種の翻訳日本語であることを反映していると考えてよいであろう。

 

 

3.長沼直兄に影響を与えた西洋人の研究と洋学者の受身記述

 

長沼直兄は、日本語教授法の面では音声を重視するパーマーの影響を受けていることは広く知られ、長沼直兄の論文やエッセイの中でも、たびたび紹介されているが、関正昭(1997)では、文法面において、「は」「が」「て」「た」等を取り上げ、長沼直兄は西洋人の日本語研究の影響が見られることを指摘している(注5)。そこで、主な西洋人による日本語研究の受身記述と、日本人の洋学者の受身記述とを比較してみることとする。

 

3.1西洋人の受身記述

 

西洋人の本格的な日本語研究は、ロドリゲスから始まり、チェンバレンで完成した形になるとされている(注6)。この流れは、受身記述をたどってもいえることである。以下に受身記述の箇所についてみていくこととする。

 

ロドリゲス

 

ロドリゲス(1604-1608)『日本大文典』では、「れ・られ」によってつくられる「受動動詞」という扱いをしており、動詞の接尾語として扱っている。また、動作主は奪格の「より」「から」「に」で示され、「より」や「に」で示される場合には上品になると説明している。また、「胸を討たるる」「手足を切られた」など、身体の一部を対象とした対格を取る動詞の種類も示し、対格は元の動詞のときにも存在していたもので、間接受身に気付いている記述をしている。自動詞を中性動詞とし、使役受身や受身使役の例もあげられている。

ロドリゲス(1620)『日本小文典』では、細かい受身の記述はなく、第一種活用の動詞には「られ」、第二種及び第三種活用の動詞には「れ」を伴って受動動詞になることを述べている。また、自動詞は受身になることに注目しており、自動詞を中性動詞としている(注7)。

これらロドリゲスの著作は、杉本つとむ(1989)によると、「1825(文政8)年、刊行に百年後に、フランスでランドレス、レミュザの両学者によって仏訳され、これによって、ヨーロッパにおける東洋語学者、日本語学者の間に一大福音旋風をおこすこととなった。」と述べており、幕末の西洋人の日本語研究家にとってロドリゲスの著作は、必読のものとなったことがわかる。

 

コリャード

 

コリャード(1625)『日本文典』では、受動動詞は「れ・られ」で作られることを述べ、受身動詞は可能の意味にも用いるとし、対応する自動詞は中性的意義を持つとする。また、使役動詞の箇所で「させられる」という、使役受身も扱っている。

杉本つとむ(1989)によれば、コリャードの『日本文典』には、ロドリゲスの日本文典を土台にしたことが書かれており、草稿はスペイン語で書かれていたが、刊本はラテン語で書かれていたために、19世紀の学者には読みやすく、利用価値が高かったと述べている。

 

ホフマン

 

ホフマン(1867-1868)『日本文典』では、受動動詞を三つに分類して、「れる・られる」の接続の違いを説明し、日本語では自動詞でも受動表現になり、日本語の受動表現はあからさまなものではなく、受動表現は潜在的に可能の要素を含むと述べている。また、「受動動詞の支配」という言い方をし、動作主は「に」「より」「から」「のために」で示し、対格は目的語として受動表現になってもとどまることを示している。

また、ホフマンの著作に先行するクルチウス(1857)『日本語文典例証』には、「動詞の受動形(ホフマンに依る説明)」とあり、同様の記述になっているが、受動表現は潜在的に可能の要素を含むことには触れられていない。

 

アストン

 

アストン(1872)『文語文典』では、自動詞と他動詞とに分け、「るる」「らるる」で受動動詞を作り、可能動詞にも通じる点と自動詞から受動動詞が作られる点を強調している。

アストン(1873)『口語文典』では、自動詞も受動表現になり、「れる」「られる」で受動動詞を作ることを述べている。また、英語の動作主の「by」を「に」に当てている。

 

ヘボン

 

ヘボン(1886)『和英語林集成 第三版』では、序の箇所に日本語の文法について述べられており、四段・五段活用の例を用いて、軽く受動動詞を表にして触れており、受動動詞は可能動詞の意味にもなるものとしている。

 

チェンバレン

 

チェンバレン(1889)『日本口語文典』では、受身の動詞は対応する自動詞の能動態から得られるとし、第一活用、第二活用、第三活用から成り立ち、不規則動詞を別に扱っている。また、自動詞も受身にできることを述べ、動作主は「に」で示している。なお、受動態は可能態につながることも指摘し、対格の「ヲ」が目的語としてもとのまま残る文は習得が難しいことを述べ、直接目的語につく「ヲ」は注意する必要があるとしている。チェンバレンは日本語の自動詞に注目しており、使役動詞の箇所で使役受身についても扱っている。

チェンバレン(1889)『日本口語文典』では、「英語の受身の動詞の多くは、日本語の自動詞によって翻訳されるはずである。これはその考えが、必ずしも他の行為者の行為を意味しないときに起こる。・・中略・・日本語の受身構文の使用における嫌な点は、明白である。英語の受動態の十中八九は、日本語では今示したような自動詞、または主語のない能動態の構文に訳さなければならないのである。・・中略・・日本語には、一般に英語の受動態や、可能構文によって翻訳できる、多くの種類の動詞があるが、日本語の動詞自体が、正確に話すと、自動詞なのである。」と述べている。

 

このように西洋人の日本語研究では、受動動詞(受身動詞)は可能動詞の意味を含むという視点でとらえられている。そのため、長沼直兄の『FLN』において、受身については受身の課だけではなく、可能の課においても論じていることは、西洋人の日本語研究の影響と考えることができる。

 

3.2洋学者の受身記述

 

国学者の先行研究を幕末の西洋人の日本語研究家は参照したことについては、古田東朔(1977)が論じている。一方で、国学者と洋学者という立場の違いも存在する。そこで、日本の洋学者の受身記述をみてみることとする。明治前期の洋風文典として古田東朔(2002)の指摘する、田中義廉、中根淑、物集高見に加えて、鶴峰戊申、馬場辰猪についてみてみる。

 

鶴峰戊申

 

鶴峰戊申(1833)『語学新書』は蘭文典に依ったもので「現在格」の箇所次のように述べている。

格なるをながるゝといふことは、る居ながらにして、みづからを受くる辞となる也。・・〈中略〉・・れるもるると同格なり。

またふるくはるを延てらくと言へり。・・〈中略〉・・見らくすくなくこふらくのおほきなど。

また万五、又十五などに泣るをなかゆといひ、同二十などに厭れをいとはえといへるなどはみな古語也。

ここでは、動詞の語尾としての「る」と助動詞としての「る」「れる」を、古典の例では区別しているが、口語では区別しないで、同じものとして扱っている。

 

馬場辰猪

 

馬場辰猪(1873)『An elementary grammar of the Japanese language』は英文典に依ったもので、受身はActive Voice に対するPassive Voice としており、可能の意味にもなっていることを指摘しており、西洋人の視点に近いことがわかる。

 

田中義廉

 

田中義廉(1874)『小学日本文典』は蘭文典に依ったもので、以下のように助動詞として扱っている。

生徒ガ教師ニ教ヘラル 木ガ風ニ倒サル などいふときは、生徒及び木は、教師及び風の作動を受くるを以て、これを受動といふなり。他動詞の能動は、本然の形を変することなし。其受動は、ル(被、此詞は有の受動形なり)ラル(有被の約言)なる助動詞と結合す。・・〈中略〉・・ここにル ラル スなる詞は、動詞に結合して、恰も語尾の如くなれども、其実は助動詞にして、他の語尾と全く異れり。

 

物集高見

 

物集高見(年次不詳)『日本文語』はは蘭文典に依ったもので、「作用言」として、他動・自動・対動(他動にも自動にも用い物にはたらきかけるもの)・通動(自動にも他動にも用いるもの)・受動の五つをあげ、「受動について」以下のように述べている。

自他、両性の、能動尾辞のらるを加尾せらるるに依りて成る者なり。されば、直接、間接の両態ありて、直接は、直に、其の業作の、其の人に帰する者にして、間接は、其の業作の他者に帰する者なり。・・中略・・また、受動は、専ら、他動より来たると雖も、自動も、対動に用ひられたるは、間接の態にては見はるるなり。

このように、動詞の語尾としてとらえており、直接受身と間接受身にわけ、自動詞の受身を間接受身としていることがわかる。

 

中根淑

 

中根淑(1876)『日本文典』は英文典に依ったもので、受身の「る・らる」は主客が変化すると考えて、以下のように動詞の語尾として扱い「逆用動詞」としている。

逆用動詞ノ例ヲ挙ゲテ云ハバ、余人ニ頼マル・人余ニ導カル・ト云フ類ニテ、前文ハ主ノ余ガ客ノ人ヨリ働キヲ受ケ、後文ハ主ノ人ガ客ヨリ働キヲ受クルノ故、共ニ之ヲ逆用動詞トスルナリ。

 

このように明治前期の洋風文典においては、「る・らる」「れる・られる」を動詞の語尾とするものと助動詞とするものとがあることがわかる。国学の系統とロドリゲス以降の西洋人の日本語研究では、「る」「らる」を動詞の語尾として扱ってきた。

このような流れの中で、大槻文彦(1897)が助動詞とし、Voiceを「相」と訳し、受身を「所相」、可能を「勢相」と訳すことで、方向性を決定づけた。この大槻文彦(1897)の考えが学校文法に取り入れられることとなり、主流となったといわれている(注8)。

斉木美知世・鷲尾龍一(2012)では、助動詞という概念を用いたことは日本的な発想であり、Voiceを動詞の形態によらずに、相として助動詞として説明するのがよいと大槻文彦は判断したためであるとしている。

このように長沼直兄と西洋人の日本語研究家、国学者の捉え方を考慮すると、日本語教育の場合には、TSUKUBA LANGUAGE GROUP(1991-1992)『SITUATIONAL FUNCTIONAL JAPANESE VOLUME1-3』(以下略称、『SFJ』)のように、積極的に「受動動詞」「使役動詞」として一語化で扱った日本語教科書も学習の上では効果的であるといえる。

 

 

結び

 

以上述べたことから、結びとしてまとめてみる。

1.長沼直兄の日本語教科書受身記述の特徴

○「れる・られる」で受身を作ると述べる。

○受身はニ格で動作主を示すとする。

○受身表現と会話の「です・ます」表現、依頼表現、推量表現、意志表現を重視する。

○会話を扱っているので、受身文の主語を省略する。

○いずれも会話に多い迷惑の受身の例である。

○非情の受身や動作主が非情物は、日本語本来の表現ではないとする。

○可能動詞の課で「自動詞の受身」「迷惑の受身」、使役動詞の課で「使役受身」を扱っている。

○受身動詞には可能動詞の意味を含むとしている。

  1. 長沼直兄の日本語教科書における受身の使用状況

○巻1から巻5は一つの完結したものと考えられ、文章のレベル別の意識が十分にあらわれている。

○受身の多様な形があらわれており、十分に学習することができる。

○近代文語文による漢文訓読調の文では、受身の用例が頻出し、主語の表出率及び非情の受身の比率が高く、一種の翻訳日本語であることを反映していると考えてよい。

  1. 長沼直兄に影響を与えた西洋人の研究と洋学者の受身記述

○ロドリゲスからチェンバレンまで、先行研究を積み上げる形で記述されていることがわかる。共通項として、動詞を接尾語として扱い「受動動詞(受身動詞)」とし、可能動詞とつながるものととらえ、自動詞から受身が作られ、対格(直接目的語)の存在に注意していることがわかる。これらの発想は、伝統的な国語学の流れも考慮しながら、長沼直兄の日本語の受身記述にも生かされている。

○日本の国学者と西洋人の日本語研究との共通点として、「る・らる」「れる・られる」を接尾語として扱い、動詞の一部に組み入れて考えることがあげられる。一方、日本の洋学者は「る・らる」「れる・られる」を助動詞として扱ったり、扱わなかったりとさまざまなであり、大槻文彦が学校文法で助動詞とする流れを作ったが、諸説あり、議論の残るところである。むしろ、日本語教育の場合には、『SFJ』のように、積極的に「受動動詞」「使役動詞」として一語化で扱った日本語教科書も学習の上では効果的であるといえる。

 

 

1

丸山敬介(1997)は、『標準日本語読本』(1931-1934)は7巻から成り、巻1から巻7までを、「巻1の第1部は初級レベル、巻1の第二部は中級レベル、巻2は中級後半から上級レベル、巻3から巻7では生のものを扱っている」と述べている。また、平高史也(1997)は、「巻1から巻7までの7巻で、初級から超上級(巻5、巻6に見られる古文の読み方、巻7に収められている手紙文の書き方などは日本語母語話者に対してでも使えそうである)を扱っている」と述べている。なお、『改訂標準日本語読本』(1948)では、巻8に「漢文の初歩」「平易な古文」「高級な口語」を入れ8巻から成り、『再訂標準日本語読本』(1964-1967)では巻1から巻5までの5巻にしている。このことについて、丸山敬介(1997)は、「超上級段階の学習者の少なさから再訂は巻5までにとどまっている」と述べている。

2

河路由佳(2010)は、『FLN』について、「長沼直兄(1894-1973)の著作の中でも最も長く使われたものの一つである。今日では行動主義や構造主義によって理論的に裏付けられるSubstitution Table(置換表)を主として構成された教材で、長沼直兄は、同じ方法を英語教育に応用した教材も作成している。Substitution Tableは、長沼直兄がその外国語教育に従事した初めに強い印象を受け、生涯にわたってその日本語教育の実践に活用し続けたものであった。」と述べている。また、長沼直兄が大きな影響を受けたとされるH.E.Palmer(1936)の著作でも置換表が採用されている。

3

 

巻1

巻2

巻3

巻4

巻5

巻6

巻7

巻全体

ニヨリ(テ)

0

0

0

3

0

3

0

6

ノ為(ニ)

0

0

3

1

2

2

2

10

 

0

0

0

2

0

0

0

2

ニテ

 

0

0

0

0

0

1

0

1

ヲ以テ

 

0

0

0

1

1

1

0

3

ヨリシテ

0

0

0

0

1

0

0

1

ヨリ

 

0

0

0

0

1

2

0

3

※このように動作主の格表示が多様な日本語教科書は、現代ではみられないものである。管見に入るかぎり、近代でもこれほど動作主の格表示の多様な日本語教科書はみられない。このことは、近代文語文を始めとする様々な文章を収めているためであると考えることができる。

4

近代文語文による漢文訓読調の漢字片仮名交じり文は、『標準日本語読本』の巻1から巻7の全体の用例数として80例あり、主語の表出は73例(有情11例・非情69例)で、格表示は、ニ格4例・ヲ格9例・ニヨッテ格3例・カラ格1例・自然的可能1例である。また、ノ為(ニ)1例・デ0例・ニテ0例・ヲ以テ2例・ヨリシテ1例・ヨリ0例である。

5

関正昭(1997)は、以下のように今日の日本語教育文法に至る流れを以下のように5つにまとめている。

  1. 16‐17世紀のロドリゲス、幕末・明治期のホフマン、S.R.ブラウン、アストン、サトウ、チェンバレンら外国人日本語研究家の文法
  2. 中国からの留学生のために、松下大三郎・松本亀次郎らが考案された文法
  3. 旧植民地・占領地に対する日本語普及のための教材開発の一環として考案された文法
  4. 戦前自ら開発した教科書シリーズとそのグラマーノートが大戦下のアメリカに大々的に用いられ、世界的に広まった長沼直兄の文法(その文法は戦後初期に集大成され、戦後の「日本語教育文法」の基幹となった)
  5. ③を継承して戦後の日本語教育への橋渡しをし、同じく戦後の「日本語教育文法」の基盤作りをした鈴木忍の文法678「この中で、「す・さす」と「る・らる」の類を「助動詞」に含めたことは、以後問題とされる。山田孝雄橋本進吉も、この類が他の類のものとは異なったものであることを指摘し、時枝誠記は、「助動詞」から除外し、接尾語として扱う。(江戸期の他の国学者たちも、これらの付いた動詞を一語として扱うのが普通であったし、幕末から明治へかけての外国人の日本語研究者たちも、その付いたものをcausative verb あるいは potential(passive) verb などとするのが普通であった。)」 アストン(1872)『文語文典』京都大学法学部図書室蔵[テキストは李長波編(2010)『近代日本語教科書選集 第9巻』クロスカルチャー出版]H.E.Palmer(1936)『Conversational English(英会話の理論と実際)』開拓社大槻文彦(1897)『廣日本文典』[テキストは復刻版(1980)『廣日本文典・同別記』勉誠社]河路由佳(2008)「長沼直兄らによる戦後早期の日本語教育のための調査研究-1945-1946年「日本語教育振興会」から「言語文化研究所」へ(その2)」『日本語教育研究』第53号河路由佳(2011)「1942年・1943年における長沼直兄の出版計画-「重要文書」と書かれた長沼直兄自筆ノートより-」『日本語教育研究』第57号クルチウス(1857)『日本語文典例証』[テキストは三澤光博訳(1971)『クルチウス 日本文典例証』明治書院]斉木美知世・鷲尾龍一(2012)『日本文法の系譜学-国語学史と言語学史の接点-』開拓社杉本つとむ(1989)『西洋人の日本語発見』創拓社[杉本つとむ(2008)『西洋人の日本語発見』講談社学術文庫に再収録]鈴木泰・清水康行・古田啓(2010b)『古田東朔 近現代日本語生成史コレクション 第4巻』くろしお出版田中義廉(1874)『小学日本文典』東京書林TSUKUBA LANGUAGE GROUP(1991-1992)『SITUATIONAL FUNCTIONAL JAPANESE VOLUME1-3』凡人社土井忠生・森田武・長南実(1980)「解題」『邦訳日葡辞書』岩波書店Naoe NAGANUMA(1950)『Grammar & Glossary』開拓社長沼直兄(1931-1934)『標準日本語読本』財団法人言語文化研究所長谷川恒雄(1997)「長沼直兄著『標準日本語読本』に至るまでの途」『(財)言語文化研究所日本語教育叢書 復刻シリーズ第一回 解説』(財)言語文化研究所平高史也(1997)「教授法の面から」『(財)言語文化研究所日本語教育叢書 復刻シリーズ第一回 解説』(財)言語文化研究所古田東朔(1971)「ホフマンとヘボンの相互影響」『蘭学資料研究会 研究報告』第252号古田東朔(1977)「ホフマンの『日蘭辞典』『日英辞典』」『国語学』108集古田東朔(1978b)「ホフマン『日本文典』の刊行年について」『国語国文論集』第7号古田東朔(2002)「明治前期の洋風日本文典」『国語と国文学』第79巻第8号ホフマン(1867-1868)『日本語文典』[テキストは三沢光博訳(1910)『日本語文典』明治書院]物集高見(年次不詳)『日本文語』[テキストは物集高量(1935)『物集高見全集 第三巻』物集高見全集編纂会]ロドリゲス(1620)『日本小文典』[テキストは日埜博司編訳(1993)『日本小文典』新人物往来社
  6.  
  7. ロドリゲス(1604-1608)『日本大文典』[テキストは土井忠夫訳(1955)『日本大文典』三省堂]
  8. 丸山敬介(1997)「構成とシラバスの点から見た『標準日本語読本』」『(財)言語文化研究所日本語教育叢書 復刻シリーズ第一回 解説』(財)言語文化研究所
  9. ヘボン(1886)『和英語林集成 第三版』三省堂[テキストは講談社学術文庫版]
  10. 古田東朔(1981)「大槻文彦の文法」『月刊言語』第10巻第1号
  11. 古田東朔(1978a)「アストンの日本文法研究」『国語と国文学』第55巻第8号
  12. 古田東朔(1974)「アストンの敬語研究-人称との関連について」『国語学』第96集
  13. 古田東朔(1958)「日本に及ぼした洋文典の影響-特に明治前期における」『文芸と思想』第16号
  14. 馬場辰猪(1873)『An elementary grammar of the Japanese language』[テキストは李長波編(2010)『近代日本語教科書選集 第1巻』クロスカルチャー出版]
  15. 中根淑(1876)『日本文典』森屋治兵衛版
  16. Naoe NAGANUMA(1950)『BASIC JAPANESE COURSE』開拓社
  17. N.NAGANUMA(1945)『FIRST LESSONS IN NIPPONGO』開拓社
  18. 鶴峰戊申(1833)『語学新書』[テキストは福井久蔵編(1938)『国語学大系』図書刊行会]
  19. チェンバレン(1889)『日本口語文典』[テキストは丸山和雄・岩崎攝子訳(1999)『日本口語文典』おうふう]
  20. 関正昭(1997)「日本語教育文法の流れ-戦前・戦中・戦後初期-」『(財)言語文化研究所日本語教育叢書 復刻シリーズ第一回 解説』(財)言語文化研究所
  21. 鈴木泰・清水康行・古田啓(2010a)『古田東朔 近現代日本語生成史コレクション 第3巻』くろし出版
  22. 財団法人 言語文化研究所(1981)『長沼直兄日本語教育』開拓社
  23. コリャード(1625)『日本文典』[テキストは大塚高信訳(1957)『日本文典』風間書房]
  24. 河路由佳(2012)「長沼直兄の戦前・戦中・戦後-激動の時代を貫いた言語教育者としての信念を考える-」『日本語教育研究』第58号
  25. 河路由佳(2010)「長沼直兄(1945)『FIRST LESSONS IN NIPPONGO』の成立と展開-長沼直兄の戦中・戦後-」『東京外国語大学論集』81号
  26. 河路由佳(2007)「長沼直兄による敗戦直後の日本語教師養成講座-1945年度後半・「日本語教育振興会」から「言語文化研究所」へ」『日本語教育研究』第52号
  27. H.E.パーマー、野田育成訳(1989)『言語学習の原理』リーベル出版
  28. アストン(1873)『口語文典』京都大学法学部図書室蔵[テキストは李長波編(2010)『近代日本語教科書選集 第9巻』クロスカルチャー出版]
  29. 参考文献
  30.  
  31. 古田東朔(1981)では、「る・らる」「す・さす」について次のように指摘している。
  32. 土井忠生・森田武・長南実(1980)は、「日葡辞書で能動動詞または受動動詞と注記したものは、前記“敷カルル”以外はすべて同一語根の他動詞と自動詞とを関連づけて説いたものである。その部類の自動詞を他動詞の受動態ということは日本語に合わないので、ロドリゲスは中性動詞として受動動詞からは切り離して取り扱った。しかし一般には、これら自動詞も葡語では他動詞の受動態に訳されるところから、受動動詞と呼んでいたので、日葡辞書の編者たちがそれを踏襲したのである。」と述べている。
  33. 古田東朔(1977)は、明治末期までの外国人の日本語研究を、第一期をロドリゲス、第二期をホフマン、第三期をヘボンとアストンの三期に分けている。これらは思弁的な方法や実際的な方法の差になってあらわれているとしている。古田東朔(1977)では、アストンはホフマンの研究や日本人の国学者の先行研究を参照しているため、高く評価している。また、杉本つとむ(1989)は、ホフマンは遣欧使節をライデンに迎え生きた日本語を耳にし、さらにはシーボルトとホフマンの出逢いにより、ホフマンはシーボルトの弟子となり、その才能を開花させ、収集資料を十分に活用させたとして、ホフマンを中心とする論を展開している。
  34. このうち、①のS.R.ブラウンとアーネスト・サトウは、受身についての詳細を示していないため、本稿では取りあげなかった。また、③と⑤の国際学友会の日本語教科書は、長沼直兄の日本語教科書と双璧をなすものであるが、その比較・考察は、今後の課題としたい。

ビジネス基礎の一考察

2019年7月27日(土)

國學院大學日本語教育研究会

(於國學院大學)口頭発表資料

 

『ビジネス基礎』の一考察

-高等学校商業科教科書の活用-

 

國學院大學兼任講師

大東文化大学非常勤講師

西帝京学苑講師

岡田 誠

 

 

 

現在、ビジネス教育の必要性は高まっている時代である。ビジネス書も広く流通している。しかし、体系的なビジネスを考えたとき、そのモデルを示した書籍は数少ない。そのため、ビジネスとはいうものの、分野別に考えざるをえないといってよいであろう。しかし、ビジネスは相互に関連するものである。それらを俯瞰するのは大切なことではなかろうか。その意味で、高等学校商業科で必須科目とされている「ビジネス基礎」という科目は、その体系性を示しており、ビジネスの分野を手掛ける際の入門として有効であると考える。以下、「ビジネス基礎」という科目の教科書である『ビジネス基礎』をビジネスの体系的なものとして中心に据えて考察していく。

 

0.ビジネス基礎とは何か

 

ビジネス基礎とは何であろうか。ビジネススクールで知られ、MBAを発行しているグロービス経営大学院では、若手ビジネスパーソンからの質問で「何から学びはじめたらよいか」という受講生の質問が多数あり、それに応える形で執筆されたのが、グロービス経営大学院(2014)『グロービス流ビジネス基礎力10』(東洋経済新報社)である。「20年を超えるグロービスの教育現場の中で、繰り広げられてきた延べ7万人以上のビジネスパーソンとの会話、社会人学生のクラス内での状況などを観察する中で特に重要だと考えている10の力は次の通りです」(p.5)として、以下のものを示している。

 

グロービス経営大学院(2014)『グロービス流ビジネス基礎力10』東洋経済新報社

1.論理思考力 2.コミュニケーション力 3.仮説構築力

4.情報収集力 5.データ・情報収集力 6.次の打ち手を考える力

7.プレゼンテーション力 8.周囲を巻き込む力 9.チームを作る力

10.志を育てる力

 

次に、高等学校商業科の教科書ではどのようにビジネス基礎を扱っているのであろうか。高等学校商業科では、「ビジネス」という言葉のつく科目が6科目ほどあり、その中でも「ビジネス基礎」が基礎科目、「ビジネス実務」「課題研究」「総合実践」が総合科目になっている(注1)。「ビジネス基礎」は後に学ぶ「マーケティング分野」(マーケティング・商品開発・広告と販売と促進)・「ビジネス経済分野」(ビジネス経済・ビジネス経済応用・経済活動と法)・「会計分野」(簿記・財務会計Ⅰ・財務会計Ⅱ・原価計算管理会計)・「ビジネス情報分野」(情報処理・ビジネス情報・電子取引・プログラミング・ビジネス情報管理)の四分野の基礎を扱ったものである。『ビジネス基礎』の教科書の出版社は、実教出版・暁出版・東京法令出版の三社である(注2)。以下に出版社ごとに目次を示してみる。

 

『新ビジネス基礎』暁出版・2018年・144暁商業302

第1章 商業のガイダンス 第2章 ビジネスと売買取引

第3章 経済と流通の基礎 第4章 企業活動の基礎

第5章 ビジネスとコミュニケーション

 

『ビジネス基礎 新訂版』実教出版・2018年・7実教商業334

1章 商業の学習ガイダンス 2章 経済と流通の基礎

3章 ビジネスの担い手 4章 企業活動の基礎

5章 ビジネスと売買取引 6章 売買に関する計算

7章 ビジネスとコミュニケーション

 

『ビジネス基礎 新訂版』東京法令出版・2018年・190東法商業335

第1章 商業の学習ガイダンス 第2章 ビジネスとコミュニケーション

第3章 経済と流通の基礎 第4章 企業活動の基礎

第5章 ビジネスと売買取引

 

第1章の商業のガイダンスのあとの目次をみると、提出順序に大きな違いがあることがわかる。暁出版と実教出版のものはビジネスの基礎的な知識を提示した上で、それぞれ最終章に「ビジネスとコミュニケーション」が示してある。それに対して、東京法令出版は第2章で「ビジネスとコミュニケーション」を扱っている。東京法令出版の教科書は、コミュニケーションを早い段階で習得させるタイプのものであることがわかる。

 

公益財団法人・日本漢字能力検定協会の実施している、「BJTビジネス日本語能力テスト」がある。これは現在では、外国人が日本で働くための日本語によるビジネスコミュニケーション能力測定試験として定評がある(注3)。BJTビジネス日本語能力テスト準拠として編集された、本間正人監修(2017)『ビジネス日本語マスターテキスト』では、以下の章立てで構成されており、実践的なビジネスとコミュニケーションであることがわかる(注4)。

 

第1部 基礎編

1.1 ビジネス会話の基本 1.2 社会人としての言葉づかい

1.3 「丁寧語」「尊敬語」「謙譲語」の違い 1.4 覚えておきたい慣用句

第2部 ビジネス編

2.1 ビジネスで用いるあいさつ(部内、社外) 2.2 社内で使うあいさつ

2.3 社外で使うあいさつ 2.4 名刺交換

2.5 遅刻、欠勤、早退などの連絡

2.6 仕事の開始(指示の受け方、メモの取り方)

2.7 電話の受け方、かけ方 2.8 メールの書き方

2.9 会議/ミーティングを行う(準備、会話、議事録など)

2.10 来客への対応(ご案内、受付)

2.11 アポイントを取る(場所や時間を決める、変更)

2.12 取引先への訪問(受付、面会、新商品の案内)

2.13 社外向けのビジネス文書 2.14 社内向けのビジネス文書

第3部 ビジネス用語辞典

3.1 自分や会社の呼び方 3.2 組織名の呼び方 3.3 部署名の呼び方 

3.4 役職名の呼び方 3.5 主なビジネス用語

 

以下、『ビジネス基礎』と『ビジネス日本語マスターテキスト』を一次資料として考察していく。

 

1.重要語句の選択

 

実教出版と暁出版には、重要語句のまとめが章ごとの区分けで掲載されている。以下にその用語を掲載し、暁出版と実教出版とでほぼ共通して示されている用語については太ゴチックで示してみる。なお、東京法令出版にはまとめはついていない。

 

【暁出版】・・110

(1章 商業の学習ガイダンス)

商品流通経済ビジネス・運送・保管・情報・保険・生涯学習

(2章 ビジネスと売買取引)

売買取引・売買契約・銘柄・現場渡し価格・持ち込み価格・F.O.B.価格・C.I.F.価格・前払い・後払い・見積依頼書・注文書・納品書検収請求書領収証小切手不渡り線引小切手約束手形為替手形・手形の裏書き・遡求・クレジットカード電子マネー・振り込み

(3章 経済と流通の基礎)

企業家計政府・ミクロ経済・マクロ経済・国際経済・生産の3要素・トレードオフ機会費用・高度消費社会・ブランド管理・サービス経済化・インターネットのインフラ整備・加工貿易バイオマス・食品のトレーサビリティ・有機農法クラスタービジネス・冷温輸送・人的隔たり場所的隔たり時間的隔たり・情報の隔たり・POSシステム・EOS・ストアオートメーション・製販同盟・知的財産権コンプライアンス商的流通・金融・普通銀行の主要な業務・物的流通・ロジスティツクス・セキュリティ・ファイアウォール・認証システム・個人情報

(4章 企業活動の基礎)

有限責任無限責任・私企業・株式会社・株主総会・協同組合・公企業・公私合同企業・経営組織・水平的分化・垂直的分化・ライン組織・ラインアンドスタッフ組織・マトリックス組織・企業金融・証書借入・手形借入・手形割引・当座借越・法人税・消費税・福利厚生

(5章 ビジネスとコミュニケーション)

就業規則ビジネスマナーバーバルコミュニケーション・ノンバーバルコミュニケーション尊敬語謙譲語丁寧語・美化語・投資家向け広報・マスメディア・情報管理・ファイリング・ハッカー・クラッカー・ユーザーID

 

実教出版】・・155

(2章 経済と流通の基礎)

商品・消費・生産・流通経済・経済主体・家計企業政府・付加価値・ビジネス・ニーズ・土地・資本・労働力・生産要素・生産要素の希少性・トレード=オフ機会費用・需要・供給・サービス経済化・情報セキュリティ・情報モラル・情報リテラシーグローバル化・ローカライゼーション・ユニバーサルデザイン人的隔たり場所的隔たり時間的隔たり商的流通物的流通(物流)・流通機構・流通経路・収集機能・分散機能・仲継機能・生活用品・産業用品・業種・セルフサービス方式・業態・プライベートブランド商品・電子商取引(EC)・潜在顧客・O2Oショールーミング顧客満足マーケティング

(3章 ビジネスの担い手)

製造物責任法・ブランド・アウトソーシング・商圏・一般小売店・専門店・百貨店(デパート)・対面販売・総合スーパー・スーパーマーケット・生鮮三品・コンビニエンスストア・都市型小規模スーパーマーケット・ホームセンター・通信販売・商店街・ショッピングセンター・コーポレートチェーン・ボランタリーチェーンフランチャイズチェーン・集散地卸売業者・元卸売業者・商社・輸送・保管・包装・流通加工・荷役・ロジスティックス・中央銀行・預金業務・貸出業務・為替業務・保険料・保険金・保険者・保険契約者・被保険者・インターネット=サービス=プロバイダ

(4章 企業活動の基礎)

経営理念・株式会社・株式・定款・株主総会・取締役会・監査役・出資と経営の分離・運転資金・設備資金・クラウドファンディング法人税・住民税・事業税・固定資産税・消費税・申告納税方式・雇用契約・終身雇用・成果主義賃金制度・労働組合・企業倫理・コンプライアンスコーポレートガバナンス

(5章 ビジネスと売買取引)

売買契約・建と建値・現場渡し価格・持ち込み渡し価格・見積り・見積依頼書・注文書・納品書検収請求書領収証小切手不渡り線引き小切手約束手形・預金の振替・銀行振込・クレジットカードデビットカード電子マネー

(6章 売買に関する計算)

仕入諸掛・仕入原価・値入れ・度量衡・換算・利息・片落とし・両端入れ

(7章 ビジネスとコミュニケーション)

直接的コミュニケーション間接的コミュニケーションビジネスマナー尊敬語謙譲語丁寧語・顧客データ・営業マニュアル・引用・個人情報保護法

 

暁出版では「ミクロ経済」「マクロ経済」という経済学との視点の用語が掲載され、実教出版では「経営倫理」「企業倫理」という用語が掲載されているのが特徴的である(注5)。

一方、『ビジネス日本語マスターテキスト』の主なビジネス用語では、以下の183語が取り上げられている。

 

相見積もり・粗利・育児休暇・意思決定・異動・売上・売り上げ・売掛・営業・

営業利益・会釈・卸売・卸値・買掛・外勤・解雇・会社・掛率・課題・葛藤・架電・株主・仮配属・管理職・機会損失・期日・帰社・既存客・基本給・休日・給料・教育・業界・競合・業種・業績・競争・経営・計画・景気・経済・経費・系列・月給・欠勤・決済・決算・原価・権限・原資・研修・検収・考課・広告・控除・交渉・購買・小売・顧客・個人情報・在庫・財務諸表・削減・残業・時給・自己啓発・試作品・資産・

市場・時短・四半期・資本・使命・締日・社会貢献・受注・出荷・出勤・出庫・出向・仕様・昇格・商圏・商社・昇進・商談・消費者・商標・商品・消耗品・賞与・剰余金・商流・職位・職能・職場・職務・人材・人材育成・進捗・成果主義・請求書・精算・生産・生産性・正社員・成長・成約・整理・責任・専門職・戦略・相殺・早退・退社・貸借対照表・退職・代理店・たたき台・棚卸・単価・遅刻・知的財産・中小企業・

帳票・直帰・直行・通勤・定価・定時・定昇・手形・手取り・転籍・店頭・同行訪問・同調・特許・取締役会・取引・内勤・内部留保・日給・入荷・入庫・値引き・

年末調整・年俸制・年齢給・納期・能力・能力主義・売価・配属・配置・派遣社員・発注・販売・雛形・備品・費用・歩合・付加価値・福利厚生・負債・物流・訃報・

富裕層・振替休日・不良品・方針・法人・見える化・見込客・見積もり・目的・元請・問題・役員・役割・有給休暇・優先順位・予算

(pp.185-212)

 

全体的にみると、実践的な用語が取り上げられているが、ビジネスで使用されるカナカナ用語が掲載されていない点が不足していると感じる。また、「自己啓発」という用語が掲載されているが、ビジネスとモチベーションという意味での関連性であろうか。

 

2.『ビジネス基礎』のビジネスコミュニケーション

 

2.1敬語の扱い

 

「ビジネスとコミュニケーション」では、三社それぞれ、敬語の扱い方に違いがある。以下に示してみる。

 

【暁出版】

尊敬語・謙譲語の言い換え(p.204)『新ビジネス基礎』暁出版

普通

尊敬の表現

謙譲の表現

言う

おっしゃる

申す・申し上げる

見る

ご覧になる

拝見する

聞く

お耳にはいる

うかがう・拝聴する

行く

いらっしゃる

参る・うかがう

来る

いらっしゃる

参る

訪ねて行く

いらっしゃる

おじゃまする

いる

いらっしゃる

おる

する

なさる

いたす

もらう

お受けになる

頂戴する・いただく

与える

たまわる・くださる

さし上げる

 

敬体と最敬体(p.204)

常体

敬体

最敬体

ある

あります

ございます

する

します

いたします

もらう

いただきます

ちょうだいいたします

そうだ

そうです

さようでございます

思う

思います

存じます

 

「お」「ご」の丁寧語としての使い方(p.205)

「お」「ご」をつける場合

「お」「ご」をつけない場合

相手の物事につける

(例)お荷物・お体

相手の行為に敬意を表す

(例)お話・ご意見

相手に関わる自分の行為や物事につける

(例)お礼・ご返事

慣用的につける

外来語や外国語

(例)お(×)スープ・お(×)コップ

慣用的につけない

(例)お(×)靴下・お(×)新聞

公共の建物や施設

(例)お(×)駅・お(×)学校

敬意を表していることば

(例)おはよう・ご苦労さま

(例)ご(×)新郎・お(×)社長

 

実教出版は、敬語が一覧のみで軽く扱われていることがわかる。それに対して、東京法令出版は、接客の実践例として例文で多くしめしていることがわかる。暁出版は敬語の一覧票を充実させていることがわかる。

 

実教出版

敬語の一覧(p.182)『ビジネス基礎 新訂版』実教出版

常体

尊敬語

謙譲語

丁寧語

会う

お会いになる

お目にかかる

会います

言う

おっしゃる

申す

言います

行く

いらっしゃる

伺う・参る

行きます

いる

いらっしゃる

おる

います

帰る

お帰りになる

失礼する

帰ります

聞く

お聞きになる

伺う、拝聴する

聞きます

来る

おこしになる

伺う、参る

来ます

する

なさる

いたす

します

食べる

召し上がる

いただく

食べます

見る

ご覧になる

拝見する

見ます

 

東京法令出版

ビジネス慣用敬語(p.27)『ビジネス基礎 新訂版』東京法令出版

「いつもお世話になっております」「お待たせいたしました」「恐れ入ります」

「申し訳ございません」「席をはずしております」「ただ今」「後ほど・先ほど」

「かしこまりました」「よろしいでしょうか」「存じかねます」「いかがなさいますか」

「いかがいたしましょうか」「さようでございます」「ちょうだいいたします」

「お手数ですが」

敬語の例(p.33)

行為

尊敬語

謙譲語

丁寧語

する

なさる・される

いたす

します

見る

ご覧になる

拝見する

見ます

言う

おっしゃる

申す

言います

食べる

召し上がる

いただく

食べます

来る

いらっしゃる

参る

来ます

いく

 

 

 

いる

 

 

 

 

七大接客用語と留意点(p.35)

接客用語

留意点

いらっしゃいませ。

心から歓迎し、アプローチのきっかけをつくる。

はい、かしこまりました。

顧客の呼びかけに即答する。

少々お待ちくださいませ。

数分でも待たせることは、顧客にとって苦痛であることを認識する

お待たせいたしました。

お詫びの心をあらわし、対話再開のきっかけとする(包装後の商品を渡すときも)。

ありがとうございます。

心をこめた感謝をあらわす

申し訳ございません。

品切れ、数量不足などがあった場合、丁重に詫びるとともに他の商品をすすめるか再度の来店を促す。

恐れ入りますが・・。

相手に行動を促したり、行動をやめてもらう。

 

一方、『ビジネス日本語マスターテキスト』(pp.26-30)では、以下の一覧表を示しでいる。会話重視のため、丁寧語・尊敬語・謙譲語の順に示し、それぞれの敬語の使い方も紹介してあり、会話例も示してあり実践的である。この敬語の作り方は日本人母語話者も苦手な面があるので、活用したいところである。

 

原形

丁寧語

尊敬語

謙譲語

言う

言います

おっしゃる

申し上げる

話す

話します

お話になる

お話しする

聞く

聞きます

お聞きになる

お聞きする、拝聴する

見る

見ます

ご覧になる

拝見する

する

します

なさる

いたす

行く

行きます

いらっしゃる

参る、伺う

来る

来ます

お越しになる

参る

いる

います

いらっしゃる

おる

食べる

食べます

召し上がる

いただく

あげる

あげます

くださる

差し上げる

読む

読みます

お読みになる、読まれる

拝読する、お読みする

借りる

借ります

お借りになる、借りられる

拝借する、お借りする

知る

知ります

ご存知

存じ上げる

 

(丁寧語の使い方)

-です                      3個だ→3個です

-ます                      行く→行きます

-ございます             ありがとう→ありがとうございます

「お」を付ける          名前→お名前

(尊敬語の使い方)

お-になる                お出かけになる、お書きになる、お使いになる

ご-になる                ご覧になる、ご利用になる

-れる                      話される、行かれる、飲まれる

-られる                   出られる、来られる、送られる

(謙譲語の使い方)

お-する                   お迎えする、お持ちする、お借りする

ご-する                   ご案内する

言い換え                   見る→拝見する

                                      言う→申し上げる

 

2.2名刺交換の記述

 

ビジネスの現場で行われる名刺交換の記述が、出版社ごとに異なる。特に実教出版の記述では、同時に名刺交換を行う記述があるのが特徴的である。

 

【暁出版】p.198

相手が入室したら、立ち上がってあいさつする。初対面の場合には名刺を交換する。名刺は自分のものであるあっても相手のものであっても丁寧に扱う。専用の名刺入れを用意しておく。

名刺は訪問した側から先に出す。相手に読める向きで差し出し、会社名・部署名・役職・氏名を名のる。

名刺を受け取る場合は、必ず両手で受け取り、丁寧に扱う。受け取った名刺は用件が終わるまでテーブルの上などに置き、用談が終了したときに名刺入れなどにしまう。

なお、訪問日時や用件、相手の特徴などを簡単にメモしておくと後で役に立つことがある。

 

実教出版p.181

受け渡しは目下のものが先に出すのが一般的なルールです。相手から先に出されたら、「申し遅れました」と一言そえて名刺を差し出します。名刺の交換は両者が立って行うのがマナーです。

名刺を渡すときは、直接両手でさし出します。名前に指がかからないように持つのがマナーです。受け取るときも同様です。

同時に交換する場合は、右手で自分の名刺をさし出し、左手で相手の名刺を受け取ります。そして、引き寄せながらもう片方の手をそえ、両手で持ちます。受け取った名刺はすぐにしまわず、しばらくテーブルの上においておきます。名刺の上に書類がのらないようにします。

 

東京法令出版p.28

「はじめまして」

ビジネス上、立場が下の人が先に名乗りながら、相手の名刺入れの上に名刺を差し出す。

下位者「私、(〇〇社の)〇〇と申します。よろしくお願いいたします」

上位者「ちょうだいいたします」

次に立場が上の人が、名乗りながら名刺を渡す。

下位者は、名刺入れの上で両手で受け取る。

〈立場を替えて同じセリフ〉

上位者「私、(〇〇社の)〇〇と申します。よろしくお願いいたします」

下位者「ちょうだいいたします」

もらった名刺の基本的な持ち方は、名刺入れの上に重ねて、両手で胸の高さ、身体の中央で持つ。席をすすめられたときは、まず名刺を机の上に置いてから座る。

 

一方、『ビジネス日本語マスターテキスト』では、以下のように、「2人で名刺交換する場合」と「複数で名刺交換する場合」とに分けて記述しているところが特徴的である。この記述は、日本人母語話者も参考になる。

 

(2人で名刺交換する場合)

文字を相手に向ける。

差し出すときももらうときも必ず両手で行う。

「〇〇商事の△△と申します。よろしくお願いいたします」と自己紹介しながらおじぎをして渡す。

もらう側はおじぎをして両手で受け取り「ちょうだいします」という。できれば、名刺入れの上でいただくようにする。

テーブルについたら名刺入れの上に乗せておく。

(複数で名刺交換する場合)

1.あなたの上司と担当者の上司

2.あなたの上司と担当者

3.あなたと担当者の上司

4.あなたと担当者

 

2.3ビジネス情報入手の方法

 

ビジネス情報の入手の方法は、三社とも「ビジネスとコミュニケーション」の項目で扱っているが、その方法には大きな違いがある。以下、その違いを整理してみる。

 

【暁出版】pp.213-223

(情報入手の方法)

人的ネットワーク・マスメディア(新聞・書籍・雑誌・カタログ・フリーペパー・テレビ・ラジオ・携帯電話・インターネット・電子掲示板・ブログ・投稿サイト)

(情報の活用)

情報の選択・分析、情報の管理とファイリング、情報の信頼性、

情報のセキュリティ管理、オフィスのセキュリティ

 

実教出版pp.192-199

(情報入手の方法)

インターネット・新聞・書籍・雑誌・白書・統計資料・顧客データ・

営業マニュアル

(情報の活用)

自社内での情報の活用・顧客に対する情報の活用

 

東京法令出版pp.38-50

(情報入手の方法)

人からの収集(人脈づくり)・メディアからの収集(テレビ・新聞・書籍・雑誌)・インターネットからの情報収集(検索エンジン・ブログ・データベース・統計情報)

(情報の活用)

情報の分析(データの分類・整理・解釈)・情報の伝達・情報の保管

 

特に、情報の活用の項目に差があることがわかる。暁出版はセキュリティに力を入れた記述であるのに対して、東京法令出版はデータとしていかに活用するかに力点が置かれている(注6)。

 

2.4ビジネスとコミュニケーション

 

「ビジネス基礎」で扱われている共通の項目としては、「挨拶・姿勢・身だしなみ・ことばづかい・表情・聞き方と話し方・電話応対・訪問と来客応対」などのビジネスマナーに重点を置いて記述がなされている特徴があげられる。

実教出版には、ロールプレイングとして、「電話の応対」(p.190)と「来客の応対」(p.191)が掲載されている。また、具体的な文例はないものの、実習例として「電子メールの使い方」(p.210)も掲載している。

暁出版と東京法令出版は、ビジネスの心構えという節が立項され、倫理観・責任感・協調性を説いている(暁出版p.187、東京法令出版pp.18-19)。それに対して、実教出版は、ビジネスのコミュニケーションの重要性を記述している(p.172)。

また、暁出版にはマネジメントサイクル(PDCAサイクル・管理の循環)の記述、東京法令出版には良好な人間関係の記述があることが特徴的である(注7)。

 

【暁出版】p.186

どのような組織形態でも、日常のビジネスは、主任や係長などのチームリーダーの下、協働関係を形成して進められる。その際、Plan(計画)→Do(実行)→Check(評価)→Act(Action)(改善)の循環を考え、ビジネス活動を進めていく必要がある。

 

東京法令出版p.30

    良好な人間関係

1.相手の立場に立って考える 2.相手の長所をみつける

3.不必要な自己主張はしない 4.うわさ話はしない

5.自己の感情をおさえる 6.仕事以外の行事にも進んで参加する

 

3.計算の記述

 

実教出版は「第6章売買に関する計算」(pp.150-170)、東京法令出版は「第5章ビジネスと売買取引」の「第4節ビジネス計算の基礎」(pp.184-211)において、それぞれビジネスに必要な計算を説明しているが、暁出版は「第2章ビジネスと売買取引」の「第2節ビジネス計算の基礎」(pp.39-59)の「1.ビジネス計算と電卓の利用」という、電卓を中心に扱う項目を立項していることは大きな特徴である。これは、暁出版は珠算関連の書籍を手掛けていることにも関連していると考えることができる。

 

4.日本語教育のビジネスコミュニケーション

 

4.1「BJTビジネス日本語能力テスト」

 

公益財団法人・全国商業高等学校協会の実施している「商業経済検定」と「ビジネスコミュニケーション検定」がある(注8)。「商業経済検定」の試験科目(「ビジネス基礎」「ビジネス経済」「ビジネス経済応用」「経済活動と法」「マーケティング」)の中に「ビジネス基礎」の試験も課されているが、その中に「ビジネスコミュニケーション」の分野は過去5年のうちで2題しか出題されていない。この分野については、同様に公益財団法人・全国商業高等学校協会が実施している「ビジネスコミュニケーション検定」の問題の方に反映されているようである。この「ビジネスコミュニケーション検定」は、総合科目としての「ビジネス実務」の内容を反映したものであり、「ビジネス実務」の内容は「ビジネスコミュニケーション検定」「秘書検定」の対策としても活用できる構成になっており(注9)、ビジネス文書(注10)、メール文、手紙文、会話のロールプレイなども掲載されており、日本語教育の「ビジネス日本語」との整合性も高い。

「BJTビジネス日本語能力テスト」準拠として編集された、本間正人監修(2017)『ビジネス日本語マスターテキスト』では、ロールプレイングの実例が豊富であり、ビジネス文書・手紙文・メール文・場面ごとの会話文の実例が多いことが特徴的である。「BJTビジネス日本語能力テスト」は現実のビジネスシーンに即した言語運用を測定するものであり、実践的だと言える。過去問題ではビジネス場面を重視した問題である。その試験は、第1部から第3部からなり、それぞれが3つのセクションに分かれている。「ビジネスコミュニケーション検定」よりも資料・図表などの読み取り問題が多いのが特徴的である。以下、公益社団法人・日本漢字能力協会編(2017)pp.84-86のまとめを示す。

 

第1部(聴解テスト)

セクション1(場面把握問題)

ビジネスにおけるコミュニケーションシーンを見て、「場所、人、ものを参考にして、どういうことが行われている場面なのか」を把握する能力、および、それに該当する音声情報を聴き分ける能力を測る。

セクション2(発言聴解問題)

ビジネスコミュニケーションの場にふさわしい対応、あるいは、人間関係や場面に合った表現をする能力を測る。

セクション3(総合聴解問題)

    ビジネス場面で、会話・独話の内容を聴き取って、情報の意味を理解する能力、および、日本語による課題を達成するための総合的な聴解力を測る。

第2部(聴読解テスト)

セクション1(状況把握問題)

自分が直接関与していない会話の内容を聴き取って、その情報の意味を理解する能力を測る。

セクション2(資料聴読解問題)

文書や図表を見て、音声によって指示された課題を達成する能力を測る。

セクション3(総合聴読解問題)

    ビジネス場面で、日本語を使って課題を達成する際、聴解力と読解力がバランスよくあるかどうかを測る。

第3部(読解テスト)

セクション1(語彙・文法問題)

日本語の語彙や文法の知識が運用できるかどうかを測る。

セクション2(表現読解問題)

場面や状況、人間関係に応じた適切な表現が使えるかどうかの能力を測る。

セクション3(総合読解問題)

      文書やメールを読み取って、得られる情報の意味を理解する能力、および、日本語による課題を達成する能力を測る。

 

「ビジネスコミュニケーション検定」は理論的、「BJTビジネス日本語能力テスト」は実践的と言える。そのため、「BJTビジネス日本語能力テスト」や『ビジネス日本語マスターテキスト』の学習をしたのちに、「ビジネスコミュニケーション検定」や『ビジネス基礎』の学習を行うなどの相互補完的に学ぶことも大切ではないだろうか。

 

4.2日本語教育の中でのビジネス日本語教育

 

西尾珪子(1994)によると、1970年代から外国人ビジネス関係者の日本語教育に取り組んできたという。特に、日本語教育における「コースデザイン」の研究が急速に推進されたのは、ビジネス関係者の教育に負うところが多いと述べている。高見澤孟(1994b)では、ビジネス・コミュケーションの特性を以下の4つにまとめている(注11)。

 

(1)「仕事のため」の公的な話し合いである。

(2)参加者は「相互理解」に達する必要がある。

(3)主張の違いは、話し合いを通して調整される。

(4)合意された「相互理解」が「仕事」の内容となる。

 

近藤彩(2004・2007)では、ビジネス・コミュニケーション研究は、4つの焦点で行われてきたと述べている。近藤彩(2004・2007)の述べる4つを整理してみると以下のようになる(注12)。

 

第1・・ビジネス活動の研究

主に質問紙による量的研究

第2・・ビジネスのやり取りの研究

商談や会議、セールス場面を扱った質的研究

日本人ビジネス関係者を対象とした研究

外国人ビジネス関係者を対象とした研究

日本人と外国人の双方を対象とした研究

接触場面の研究・比較対象研究)

第3・・日本語学習に関する研究

ビジネス活動の現場の視点を日本語学習に取り入れた研究

授業報告・実践報告・待遇表現の研究

(敬語表現・婉曲表現・語彙調査・経済分野・ビジネス文書・企業ニーズの会話教材など)

第4・・これまでの提言・助言

早い段階から日本語によるビジネス・コミュニケーションの役割や課題を指摘した内容

 

近藤彩(1998・2007)は、量的研究と質的研究を行い、外国人ビジネス関係者は、「不当な待遇」「仕事の非効率」「仕事にまつわる慣行の相違」「文化習慣の相違」の4つの問題点を感じている点を指摘している。

先行研究の中で、それまで個別的に論じられていた「ビジネス日本語」が体系的なものになっていくのは、管見に入るかぎり、1994年に続けて刊行された以下の3点である。1994年にビジネス日本語の方向性が定まったと言えそうである。

 

1.『外国人ビジネス関係者のための日本語教育Q&A』文化庁国語課・1994年8月

2.『ビジネス日本語の教え方』高見澤孟・アルク・1994年9月

3.『日本語学 特集 ビジネス・コミュニケーション』明治書院・1994年11月

 

1では、(社)国際日本語普及協会の、「職場の外国人社員にどの程度まで日本語を期待しますか」という調査を引用している。その調査では、以下のようになっている。

 

1コミュニケーションが円滑になる程度の日常会話          35.1%

2簡単な仕事の打ち合わせができる程度の日本語             33.7%

3会議や情報交換も支障のない程度の日本語                    12.3%

4仕事もできるだけ日本語でしてほしい                          7.7%

5あいさつだけでいい                                                    5.3%

 

1、2、3の項目で全体の81.1%を占めている。この項目は、日本人母語話者にも必要な項目ではないだろうか。

 

結び

 

学習指導要領の改訂に伴って、高等学校商業科で新設された基礎科目である『ビジネス基礎』は、出版社ごとに重要語句の選定が異なり、経営の視点、倫理的な記述、計算、情報の活用などの項目での記述の特徴が出ている。しかし、全般的に実践的なロールプレイが少なく、経済学・経営学の理論的な側面が強い。それは「商業経済検定」の試験科目「ビジネス基礎」にも反映されている。また、「ビジネスコミュニケーション検定」は、総合科目である『ビジネス実務』の内容に準拠したものであり、『ビジネス実務』は秘書検定の対策にもなるように配慮されている。そのため、『ビジネス実務』と「ビジネスコミュニケーション検定」は、実践的な「BJTビジネス日本語能力テスト」との整合性がある。そのため、「BJTビジネス日本語能力テスト」や『ビジネス日本語マスターテキスト』の学習をしたのちに、「ビジネスコミュニケーション検定」・『ビジネス実務』や「商業経済検定」・『ビジネス基礎』の学習を行うなど相互補完的に学ぶことも大切ではないだろうか。それはまた、日本人母語話者にとっても有益ではないだろうか。日本人向け、外国人向けという区別にとらわれることなく、両方の活用を行う必要があるのではないか。

一般のビジネス書は膨大であり個別的なため、何を基準に学習すればよいのか、非常に悩ましい面がある。そのためにも、高等学校商業科の『ビジネス基礎』をはじめとする教科書や、全国商業高等学校協会の実施している各種検定を参照してみるのも有益なのではないだろうか。

 

(注)

1

「ビジネス基礎」という科目は1999年の学習指導要領から設置された科目である。番場博之(2010)は、「それまで細切れに独立的に教授してきた教育のなかに、総論的な科目を導入しようとしたことの意義は学問体系においても教育体系においても評価されるものであり、また導入的であるという意味で商業科の置かれている現実に即したものであった」(p.109)と述べている。

2

それぞれどのような出版物が多いのかを調査してみると、およそ以下のようになる。

実教出版・・各種検定対策

暁出版・・珠算・電卓・経営理念

東京法令出版・・ビジネス法務関連

3

公益財団法人日本漢字能力検定協会(2017)『BJTビジネス日本語能力テスト 公式模擬テスト&ガイド』には、「BJTで測定する能力」として以下の7つが示されている。

1.場面・状況を認識する力

2.情報の意味・意図を読み取る力(受容)

3.課題に合った対応力(表現・行動)

4.ビジネス文書にかかわる処理能力

5.言語の基礎力(語彙・文法、敬語・待遇表現)

6.未知の語句に対する処理能力

7.日本的商習慣への異文化調整能力                                    (p.80)

4

コミュニケーション言語学としては、グライス、リーチ、オースティン、サールなどの研究が知られているが、ビジネスの場合実践重視であるため、日経ビジネスアソシエ(2015)では、コミュニケーションやビジネス心理学の定番として、デール・カーネギー『人を動かす』、スティーヴン・コヴィー『7つの習慣』なども紹介され、近年では、リチャード・バンドラーとジョングリンダーの共同研究による、言語学と心理学との融合からなるNLPにも注目が集まっている。また、心理学者でありながら、ダニエル・カーネマンノーベル経済学賞を受賞したことで、その主著『ファスト&スロー』をはじめとするビジネス心理学が広まった。日本の文化的な側面に配慮したものとしては、芳賀綏(1963)、石黒圭(2015)などがある。

5

日本のビジネス倫理や経営理念について、土屋喬雄(1964・1967)、柘植尚則(2014)を参考に簡略化してまとめると以下のようになる。

(近世)井原西鶴『日本永代蔵』・・金持ちの心得

鈴木正三『万民徳用』・・仏教と経済

石田梅岩『都鄙問答』・・町人学者による心学

(近代)澁澤栄一『論語と算盤』『論語講義』・・道徳経済一致論

(現代)松下幸之助・・水道方式・船場の商人の教え

稲盛和夫・・東洋の帝王学・仏教・儒教

柳井正・・ドラッカー理論

また、堺屋太一(2006)は、リーダーとして以下の12名をあげている。

聖徳太子光源氏源頼朝織田信長石田三成徳川家康石田梅岩

大久保利通渋沢栄一マッカーサー池田勇人松下幸之助

この12人の選定には特徴があり、特に何もしないリーダーを「光源氏型」、次々に推し進めるリーダーを「信長型」としている。さらに、五代友厚渋沢栄一「日本的協調主義」と岩崎弥太郎「進歩的個人主義」とを対比させいる。渋沢栄一の「論語的発想」の限界点も指摘している。「渋沢型」と「岩崎型」という対比の経営者の分類行っている。

「渋沢型」・・本田宗一郎松下幸之助

「岩崎型」・・石坂泰三・土光敏夫

企業家史の流れとして、PHP叢書「日本の企業家13人」、平野隆(2013)、林廣茂(2019)を参考に示してみると以下のような流れになる。

(江戸後期)

二宮尊徳・・資本主義の精神を説く

(明治)

岩崎弥太郎・・三井財閥を興す

安田善次郎・・安田財閥を興す。運・鈍・根・金・健

澁澤榮一・・500もの会社を興す。渋沢論語。道徳経済一致論。

豊田佐吉・・トヨタグループを創業する

三野村利左衛門・広瀬宰平・五代友厚・益田孝・日々翁助・金子直吉・福沢桃介

(昭和)

松下幸之助・・水道哲学松下電器パナソニック)を興す

土光敏夫・・東芝の再建などで活躍

井深大・・ソニーを創業する

盛田昭夫・・ソニーを創業する

中内功・・安売り哲学でダイエーグループを創業

松永安左衛門・石田退三・本田宗一郎・坪内寿夫・小倉昌男江副浩正

(現在)

稲盛和夫・・京セラ創業者

柳井正・・ファーストリーディング創業者

三木谷浩・・楽天創業者

鈴木敏文澤田秀雄南部靖之孫正義

6

ビジネススキルや社会人の学習法の元祖的な著作として、梅棹忠夫(1969)の『知的生産の技術』(岩波新書)があるが、藤井孝一(2016)は、ビジネススキルとして10の分野(思考法・発想法と読書術・ビジネス基礎力・自己管理法・コンセプト設計と戦略・コミュニケーション術・マネジメント法・人生設計術・自己実現法・成功哲学)にわけて、参考書を紹介している。

7

ビジネスコミュニケーション、人間関係、成功哲学書としても読まれてきたデール・カーネギー『人を動かす』では、以下の原則をあげている。

人を動かす三原則・・1.盗人にも五分の理を認める・2.重要感を持たせる・3.人の立場に身を置く

人に好かれる六原則・・1.誠実な関心を寄せる・2.笑顔を忘れない・3.名前を覚える

4.聞き手にまわる・5.関心のありかを見抜く・6.心からほめる

人を説得する十二原則

1.議論を避ける・2.誤りを指摘しない・3.誤りを認める・4.穏やかに話す

5.「イエス」と答えられる問題を選ぶ・6.しゃべらせる・7.思いつかせる

8.人の見になる・9.同情を寄せる・10.美しい心情に呼びかける

11.演出を考える・12.対抗意識を刺激する

人を変える九原則

1.まずほめる・2.遠まわしに注意を与える・3.自分の過ちを話す・4.命令をしない

5.顔をつぶさない・6.わずかなことでもほめる・7.期待をかける・8.激励する

9.喜んで協力させる

8

商業経済検定・ビジネスコミュニケーション検定・ビジネス文書実務検定・英語検定・簿記実務検定・情報処理検定・会計実務検定・珠算電卓実務検定を実施している。

9

「ビジネス基礎」と「ビジネス実務」という科目に注目した高大連携の論文として、関由佳里・山野邦子・佃昌道・高塚順子・水口文吾(2012)がある。特に、ビジネスに必要な英会話、文書の作成、「ビ実践的なビジネスマナーやコミュニケーションを取り入れた点にある「ビジネス実務」(大きくは、オフィス事務・ビジネスと珠算、ビジネス英語の内容から成る)に注目し、高松大学の秘書科の課程と比較している。

10

ビジネス文書については、諸星美智直(2011・2012a・2012b・2014・2016)の一連の研究がある。

主な文章読本としては、古くは、芳賀矢一五十嵐力谷崎潤一郎菊池寛川端康成三島由紀夫中村真一郎丸谷才一井上ひさし斎藤美奈子小谷野敦、布施英利、中条省平などがある。また、随意選第の綴り方教授の流れとしては、国語教育の分野では、樋口勘次郎、友納友次郎、芦田恵之助、小砂丘忠義、鈴木三重吉、国分一太郎豊田正子大村はま無着成恭などがいる。語学的な立場から、時枝誠記、市川孝、永野賢、森岡健二のものがある。しかし、現代の文章は、文章心理学の立場の、波多野完治、堀川直義、安本美典、中村明の研究、パラグラフ・ライティングからの流れのアカデミック・ライティング、ビジネス文書の流れに統一されつつあるようである。

11

また、高見澤孟(1994b)は、日本語の「あいまいさ」と「難しさ」について、以下の4点を示している。

(1)主語が明示されないことが多い。 (2)語順があいまい

(3)日本語の立場志向 (4)待遇表現の使い分け

さらに提案として、外国人とのコミュニケーションを容易にするために「言語メッセージ」「非言語メッセージ」「文脈」に注意する必要があると述べている。

〈発信活動における言語メッセージ〉

(1)明瞭な発音 (2)簡潔な文 (3)具体的な指示内容のある「ことば」 

(4)接続詞による文の関連明示 (5)適切な言い換え (6)実例提示

(7)結論の明示 (8)遠慮表現の抑制

〈発信活動における非言語メッセージ〉

(1)受容的な態度/相手をリラックスさせる態度 (2)にこやかな表情

(3)具体的な形態を示すジェスチャー (4)文化、習慣に基づくジェスチャーの抑制

〈発信活動における文脈〉

(1)文脈依存を軽減 (2)言語による明示的指示

音声面でのわかりやすさとしては、秋山和平(1994)が「わかりやすさ」と「的確さ」として以下の4要素を述べている。

1.情報提示のための話しの組み立て2.話体の簡潔さ3.音声化の明快さ4.聞き取り能力の適正化

12

近藤彩(2004・2007)は、この中の第3の研究の中から生み出された、高見澤孟(1994a)『ビジネス日本語の教え方』は、それまでの豊富な経験をもとにしたもので、教育現場に示唆を与えた画期的なものとして評価している。内容的には、教授法を中心に述べたものであり、巻末には必要なビジネスの経済・経営分野についての参考文献が日経文庫を中心に紹介されている。その一方で、堺憲一(2010)は、経済小説から経済学の知識を得るという試みを説き、その流れの研究に諸星美智直(2013)の研究がある。佐高信(2004)を参考に以下に主な経済小説をまとめてみる。

(中世)

徒然草』『人鏡論』

(近世)

『長者教』

井原西鶴『日本永代蔵』『世間胸算用

(昭和)

城山三郎清水一行高杉良

(平成)

池井戸潤幸田真音

 

(参考文献)

秋山和平(1994)「ビジネス・コミュニケーションにおける『話しことば』の役割と課題」『日本語学』13巻11号

池田伸子(1996)「日本人ビジネスマンの話し言葉における語彙調査-ビジネスマン用日本語教育システム開発の基礎として-」『日本語教育』88号

石黒圭(2015)『心を引き寄せる 大人の伝え方集中講義』サンクチュアリ出版

井上史雄(2007)『その敬語では恥をかく』PHP

川内満(2014)「ビジネス教育と利潤追求-ビジネス教育論の構築に向けて-」『修道商学』55巻1号

河田美恵子(2006)『ビジネス文書と日本語表現』学文社

木下是雄(1994)「これからのビジネスコミュニケーション」『日本語学』13巻11号

グロービス経営大学院(2014)『グロービス流ビジネス基礎力10』東洋経済新報社

駒田純久(2013)「商業教育の変容と商人像」『商学論究』60巻4号

近藤彩(1998)「ビジネス上の接触場面における問題点に関する研究-外国人ビジネス関係者を対象として」『日本語教育』98号

近藤彩(2004)「日本語教育のためのビジネス・コミュニケーション研究」『言語文化と日本語教育』11号増刊特集号

近藤彩(2007)『日本人と外国人のビジネス・コミュニケーションに関する実証研究』ひつじ書房

近藤彩(2014)「日本語非母語話者と母語話者が学びあうビジネスコミュニケーション教育-ダイバーシティーの中で活躍できる人材の育成に向けて」『専門日本語教育研究』第16号

堺憲一(2010)『この経済小説が面白い』(ダイヤモンド社

堺屋太一(2006)『日本を創った12人』PHP文庫

佐高信(2004)『経済小説の読み方』光文社

ティーブン・R・コヴィー(【原書1989】ジェームス・スキナー 河西茂訳1996)『7つの習慣』キング・ベアー出版

関由佳里・山野邦子・佃昌道・高塚順子・水口文吾(2012)「ビジネス実務教育における高大連携のあり方」『研究紀要』第56・57号(高松大学高松短期大学

高見澤孟(1994a)『ビジネス日本語の教え方』アルク

高見澤孟(1994b)「ビジネス・コミュニケーションと日本語の問題」『日本語学』13巻11号

島弘司(1994)「『外国人ビジネス関係者のための日本語Q&A』を紹介する」『日本語学』13巻11 

  号

田丸淑子(1994)「ビジネス・スクールの日本語教育」『日本語学』13巻11号

ダニエル・カーネマン(【原書2011】村井章子訳2012)『ファスト&スロー』早川書房

ダニエル・カーネマン(【原書2011】村井章子訳2012)『ファスト&スロー』早川書房

デール・カーネギー(【原書1936】山口博訳2016)『人を動かす』創元社

デール・カーネギー(【原書1948】香山晶訳2016)『道は開ける』創元社

柘植尚則(2014)『プレップ経済倫理学』弘文堂

土屋喬雄(1964)『日本経営理念史』日本経済新聞社

土屋喬雄(1967)『続日本経営理念史』日本経済新聞社

西尾珪子(1994)「ビジネスコミュニケーションと日本語教育」『日本語学』13巻11号

日経ビジネスアソシエ(2015)『仕事のための5つの基礎力』日経BP

日経ビジネスアソシエ(2016a)『10分でわかるビジネス教養』日経BP

日経ビジネスアソシエ(2016b)『ビジネス基礎力の教科書』日経BP

芳賀綏(1963)『自己表現術-話が下手では話にならぬ-』光文社

林廣茂(2019)『日本経営哲学史筑摩書房

番場博之(2010)『職業教育と商業高校』大月書店

平野隆(2013)「福沢諭吉と『福沢山脈』の経営者」『近代日本と福澤諭吉慶応義塾大学出版会

細川英雄(2019)『対話をデザインする-伝わるとはどういうことか-』筑摩書房

諸星美智直(2011)「ビジネス文書におけるポライトネス・ストラテジーについて」『国学院大学日本語教育研究』第2号

諸星美智直(2012a)「日本語ビジネス文書学の構想-研究分野と研究法-」『国語研究』第75号

諸星美智直(2012b)「ビジネス文書における『あしからず』の機能-ビジネス文書文例集を資料として-」『国学院大学日本語研究』3号

諸星美智直(2013)「ビジネス日本語教材としての経済小説」『国学院大学日本語教育研究』3号

諸星美智直(2014)「ビジネス文書における副詞『あらかじめ』の用法-企業ウェブサイトと内容証明郵便を中心に-」『国学院大学日本語研究』5号

諸星美智直(2016)「近代ビジネス文書史における候文と口語文と」『国語研究』79号

水谷修(1994)「ビジネス日本語を考える」『日本語学』13巻11号

 

(テキスト)

『ビジネス基礎 新訂版』実教出版・2018年・7実教商業334

『ビジネス基礎 新訂版』東京法令出版・2018年・190東法商業335

『新ビジネス基礎』暁出版・2018年・144暁商業302

本間正人監修(2017)『ビジネス日本語マスターテキスト』IBCパブリッシング

公益社団法人・日本漢字能力協会編(2017)『BJTビジネス日本語能力テスト・公式模擬テスト&ガイド』三松堂株式会社

 

【謝辞】

本発表にあたり、髙沢修一先生(経営学)、由川稔先生(経済学)から貴重なご意見をいただきました。御礼申し上げます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

参考資料1

 

河田美恵子(2006)『ビジネス文書と日本語表現』学文社

(目次)

1ビジネス文書の作成に必要な知識

文書の重要性・文書の果たす役割・文書の分類・文書作法の心

2わかりやすく正確に文章を書くための文章作法

文章の構成・正確な文章表現・文体の統一・現代表記法・縦書きと横書き

3敬語表現と敬称

敬語の分類と使い方・敬語表現・宛名の敬称

4日本語表現

話し言葉と書き言葉・言葉遣い・心遣いを表す言葉・断りの言葉

ビジネス文書にとってマイナスイメージの言葉・電報文

5ビジネス文書の能率的な書き方

社内文書の形式と書き方・社外文書の形式と書き方

封筒・返信はがきの書き方と使い方

6文書表現のポイントと留意点

取引上の文書・社交・儀礼的文書・慶弔の文書と忌み言葉

7ビジネスEメールの作成と発信に関する作法

ビジネス環境の変化・Eメールの特性・Eメールの言葉遣い

Eメールの基本的書き方・その他の留意点

8文書の取り扱い

受信、発信文書の取り扱いと通信業務・郵便の基礎知識・押印の知識・押印の仕方

 

 

参考資料2

 

ビジネスの世界では欠かすことのできない「敬語」の項目であるが、井上史雄(2007)『その敬語では恥をかく』(PHP)が実践的に書かれており、便利である。その概要を以下に示しておく。

 


謙譲語

 

○お待ちください。

○お待ちになってください。

△お待ちしてください。

 

○係に お聞きになってください。

×係に お聞きしてください。

○係に お聞きください。

 

×当方に お電話してください。

○当方に お電話ください。

△当方に お電話なさってください。

 

×当社を ご利用していただきたい―

○当社を ご利用いただきたい―

 

○ご注意くださるよう お願いします。

○ご注意なさるよう お願いします。

×ご注意するよう お願いします。

 

△紹介してください。

×ご紹介してください。

○ご紹介ください。

 

△お邪魔の際は

○お邪魔した際は

 

×あの方が ご出演していた

×あの方が 出演されていた

×あの方が 出演しておられた

○あの方が 出演していらっしゃった(いらした)

 

○お乗りになりますか

×お乗りいたしますか

 

 

○窓口で お聞きください。

○窓口で お聞きになってください。

×窓口で うかがってください。

 

×拝見してください

○ご覧ください

○ご覧になってください

 

○どうか なさいましたか。

○どうか しましたか。

×どうか いたしましたか。

△どうか されましたか。

 

×中村課長は おられますか。

×中村課長は おりますか。

○中村課長は いらっしゃいますか。

 

×大阪には いつ 参りますか。

×大阪には いつ 参られますか。

○大阪には いつ いらっしゃいますか。

 

 

 

△電車が まいります

○電車が きます

 

×いただいてください

○お受けとりください

 

×粗茶ですが いただいてください。

○粗茶ですが お上がりください。

○粗茶ですが 召し上がってください。

 

○うちの子に やっていいですか。

△うちの子に あげていいですか。

 

○貴社には 部長が うかがいます。

×貴社には 部長が いらっしゃいます。

○貴社には 部長が 参ります。

○貴社には 部長が 参上(いた)します。

 

×社長が 申されるように

○社長が おっしゃるように

×社長が 申すように

 

○社長が 部長に 下さるんです。

△社長が 部長に お上げになるんです。

×社長が 部長に 差し上げるんです。

 

△お休みを いただいております。

△休んで おります。

○休ませて いただいております。

○休みを いただいております。

 

○ランチには コーヒーが 付きます。

×ランチには コーヒーが お付きします。

 

△祖父が 亡くなりまして

△祖父が 死にまして

△祖父が 他界(永眠)しまして

○祖父を 亡くしまして

 

 

尊敬語

 

×いらっしゃられる

○いらっしゃる

 

○おっしゃる

×おっしゃられる

 

×お召し上がりになる

○召しあがる

 

○お帰りになりました

×お帰りになられました

 

×ご覧になられる

○ご覧になる

 

○お宅に 犬が いる。

×お宅に 犬が いらっしゃる。

 

△お宅で いらっしゃいますか。

△お宅で ございますか。

○お宅 ですか。

○お宅 でしょうか。

 

○紅茶は いかがですか。

×紅茶を 飲みたいですか。

 

○ご乗車になれません

×ご乗車できません

 

×ご利用できます

○ご利用になれます

 

△ご利用される

○利用される

○利用なさる

 

×ご出発される

○出発される

 

△社長が お話しされる。

○社長が お話しになる。

 

×ご記入されてください

○ご記入ください

×記入されてください

○記入してください

 

○ご自由に お取りください

×ご自由に 取られてください

 

×お食べに なりますか

○召し上がりますか

○お上がりに なりますか

×お召し上がりに なりますか

 

○言われますか

○おっしゃいますか

×お言いになりますか

×おっしゃられますか

 

△おやりに なる

○なさる

 

 

丁寧語・美化語・その他

 

○あります

△ありますです

 

△美しいです

○美しゅうございます

 

○用意してあります

△用意してございます

 

○召し上がり方

△お召し上がり方

 

△お足

○おみ足

 

○ご入学

△お入学

○入学

 

×おビール

○ビール

 

○求めやすい

△お求めやすい

○お求めになりやすい

 

×お分かりにくい

○お分かりになりにくい

○分かりにくい

 

△お着物

○お召し物

○着物

 

△長ったらしい ご説明で

○長ったらしい 説明で

 

○あしたは 仕事 休みです

△あしたは お仕事 お休みです

 

△(5000円)お預かりします

○(5000円)いただきます

 

○5000円を(お預かりします)

△5000円(お預かりします)

×5000円から(お預かりします)

 

○ご注文は

×ご注文のほうは

 

×トーストになります

○トーストでございます

 

○禁煙席で よろしいでしょうか?

×禁煙席で よろしかったでしょうか?

 

×4月1日生まれじゃないですか

○4月1日生まれなんですけど

 

△司会を つとめさせていただきます

○司会を つとめます

 

○歌わせていただきます

×歌わさせていただきます

 

○母は おりません

×お母さんは いません

 

×鈴木さんは・・

○鈴木は・・

×鈴木社長は・・

○課長の鈴木は・・

 

△田中は・・

△田中先生は・・

○田中教諭は・・

 

×お名前様を いただけますか

○お名前を いただけますか

○お名前を うかがえますか

 

×私 作る人

△私 作る者

 

×ただで ございます

○無料で ございます


 

教育五者論

教育五者論

 

戦前の師範学校の頃から言いなわされている、「教育五者論」というものがあります。私は、このことばを、代々木ゼミナールの勤務時代に知りました。当時の代々木ゼミナールの副理事長(竹村保昭先生)から講師に言い伝えられていました。以下に教育者に必要な教育五者論とは、「学者」「役者」「芸者」「易者(記者)」「医者」です。

 

「学者」

学ぶ意識、探究心は重要ですよね。

「役者」

わかりやすく伝えることは大事ですね。

「芸者」

趣味や特技が多いほうが話題が豊富で楽しいですよね。

「易者(記者)」

ある程度、予測をつけることは大切ですね。入試問題を的中させる意味では易者です。情報通であることが十であると考えて記者とする説もあります。

「医者」

癒しの存在であることも大切ですね。

 

ビジネス小論文講義資料

 2019.5.7(火)14時―16時

                               就活実践力アップ小論文講義資料

                                    (於東京しごとセンター

小論文特別講座

-わかりやすく伝える工夫-

國學院大學兼任講師・大東文化大学非常勤講師・

西帝京学苑講師・TAC講師

岡田 誠

(キーワード)

発想法 箇条書き 図解 句読点 文章心理学 

パラグラフ・ライティング ビジネス文書

 

 

文章を書くには、第一に発想が大切である。そして、第二に、そのテーマに対しての関心度の高さや表現の方法が大切である。表現の方法としては、文と文とのつながりと、論理展開の二つが重要である。本講義では、文章を書くための発想法からパラグラフ・ライティング、ビジネス文書までを順に述べていくことにする。

 

1.発想法

 

発想については、可視化が重要である。そのために、紙に書き出すことが行われている(注1)。特に、有名なものとしては、「ブレイン・ストーミング」と「KJ法」があげられる。この二つは、「アカデミック・スキル」と呼ばれる分野においても採用されている。

「ブレイン・ストーミング」とは、グループワークで行われる方法で、批判せずにアイデアを次々に紙に書き出していき、アイデアが出つくしたところで、一つ一つのアイデアを検討していく方法である(注2)。これは、個人で行ってもよい。大切なことは、アイデアを出すことなので、どのように稚拙なものであっても、書き出すことである。まさに、「ブレイン・ストーミング(日本語訳「脳の嵐」)」である。この流れで、近年はトニー・ブザンの「マインド・マップ」と呼ばれる流れもある。

この「ブレイン・ストーミング」を整理した形式で評価の高いのは、川喜田二郎(1967・1970)の考案した「KJ法」である。大きめのカード(「京学型カード」と呼ばれる)を用意し、一項目ずつ書いたものを分類・整理する方法である。この原型として、新井白石が絶えず紙の束を持ち歩き、一枚ごとに気づいたことや興味のあることを筆で書きつけ、それを分類・整理した記述があげられる。まさに可視化である。これらの技法を分類・整理・応用した「学習法」「アカデミック・スキル」の原型として、梅棹忠夫(1969)、渡部昇一(1976)、竹内均(1980)などの著作がある。

 

2.文章を書く前のメモ

 

文章を書く前には、この「ブレイン・ストーミング」や「KJ法」を参考にメモをして、目次を作成するとよいであろう。つまり、「述べたいこと」をメモし、その理由づけを2から3点ほどメモするのである。この際のメモは、箇条書き、あるいは図解で行うとまとめやすい。(注3)。これは可視化することで書きやすくなり、整理されるのである。その理由の中に証拠として、「具体例・データ・体験談」なども交えるとよい。その上で、文章を組み立てていくとよい。

 

2.文章の二つのタイプ

 

文章は大きく、「情報伝達型の文章」と「自己表現型の文章」に分けることができる。日本では、芦田恵之助以降、小砂丘忠義、無着成恭大村はまに見られるように、「随意選題」と呼ばれる「生活綴り方運動」の流れがあるため、初等教育中等教育では、型にはめない「自己表現型」の文章傾向がある。それに対して、学術論文やビジネスの世界では、文章構成としては、わかりやすく結論を先に述べ、最後に軽く締めくくる「情報伝達型」の文章傾向がある。この背景には、英語圏で広まってきた「パラグラフ・ライティング(アカデミック・ライティング)」と呼ばれる文章のスタイルの影響も大きい。以下に、「情報伝達型の文章」と「自己表現型の文章」の特徴をまとめてみる(注4)。

 

a.情報伝達型の文章

新聞や週刊誌の文章、ビジネス文書など何らかの形で情報を伝えることを目的とした文章。事実の正確さや、論理性が求められる。(事実と意見を分ける・演繹法帰納法)。適切に接続詞が使用される。

b.自己表現型の文章

小説、随筆など何らかの形で自分を表現することを目的とした文章。共感や情感に訴えようとする。接続詞は少なめに使用される。

 

3.文章構成

 

日本の文章構成に一石を投じたのは、森岡健二(1978)であった。森岡健二(1978)は、欧米型の文章構成に刺激を受けて執筆したという、文章構成の分野での名著である。森岡健二(1978)の示した文章構成に文章論での重要事項を加えて、以下のように整理してみる。

 

1文章の運びの分類

a序論→本論→結論

b起→承→転→結

c一般から特殊へ・特殊から一般へ

d原因から結果へ・結果から原因へ

e既存から未知へ

ラクス『技巧(テクネ)』・・史上初のレトリック教科書

序論→叙述(説明)→論述(「たしからしさ」による説明)→補説(補足)→結語

デカルト

二元論(二項対立)

ヘーゲル弁証法」(議論することで真理に近づく方法)

正・反・合→反対意見の想定・論を磨く

2文章の構造の分類

a頭括型・尾括型・双括型

b分括型・潜括型

3文章の性質の分類

a文章の調子・・韻文と散文

b表現方法・・文語と口語

c表現意図・・実用的文章と非実用的文章

 

文章の書き出しについては、時枝誠記(1960)・市川孝(1978)が「文章の冒頭の書きおこしの9分類」として以下のように整理している。

 

文章の冒頭の書きおこしの9分類

1主題・主旨・結論・提案などを述べる。「要するにこういうことをいおうとしているのだ」ということを冒頭に置く。

2話題もしくは課題について述べる。これは1のような中心的内容を示すのではなく、その文章で叙述しようとする話題もしくは課題そのものの輪郭を前もってあげておく場合である。作文などで、「きのう○○へ遠足に行きました。」とまず述べて、以下、その時の様子を詳しく叙述するのもこれにあたる。

3あら筋・筋書を圧縮して述べる。

4筆者の口上・執筆態度を述べる。

5叙述内容のあらかじめ枠をはめる。「以下は○○君から聞いた話である。」「これは昨年末、東京のどまんなかで起こった事件である。」「1927年の秋のことであった。」など。漱石の『夢十夜』の「こんな夢を見た。六つになる子供を負(おぶ)つてゐる。」などもこれである。

6時・所・登場人物などを紹介する。

7主内容の糸口となる枕をおく。

8主内容と対比的な内容を述べる。

9いきなり本題の一部に入ってゆき、前置き(導入)を置かない。冒頭のない文章。

 

同様に、市川孝(1978)は、「文章の結びの型」として以下のように整理している。

 

文章の結びの型

A叙述内容の集約としての末尾

1その文章において述べようとした中心的内容(主題・主旨)を、末尾でまとめるもの。

2「以上、真の自由とは何かということについて考えてみた。」のように、その文章で扱った話題もしくは課題を、末尾にまとめてしめくくりとするもの。

3あら筋・筋書を述べるもの。

B主内容に対する付けたしとしての末尾

1「ただ述べたいこともありますが、ともかくみなさんにわかっていただきたいと思い、二、三の主なことを書き付けた次第です。」などのように、筆者の立場・意向・態度・ことわりなどを述べる。

2それまでの叙述全体を受けて「以上は、われわれのグループで話し合った結果をまとめて述べたものです。」「まだ私が幼かったころのできごとです。」などのように叙述内容に枠をはめるもの。

3主内容の叙述のあとに、感想や反省を述べたり、別の問題を提起したりして、しめくくりとするもの。

C主内容を構成する一部としての末尾

主内容の一端を叙述して、文章を終わらせるもの。近代小説などのように、場面の描写などで終わらせるもの。

 

4.文章心理学

 

波多野完治(1962)の提唱した「文章心理学」という分野がある。この分野での文章論への貢献は、多大なものがある(注5)。以下に、文章心理学の成果が取り入れられた事項について示してみる。

 

4.1句読点

 

句読点の機能としては、主に「休止の機能」「論理の明確化」が指摘されている。句読点の研究としては、主に文語文に適応させた権田直助『国文句読法』を嚆矢として、明治39年2月の文部省大臣官房調査課草案の「句読法(案)」が文語文に対応したものを示し、昭和21年3月の文部省国語調査室編「くぎり符号の使い方(句読法)(案)」が現代口語文(官公庁や学校の教科書ではこのルールで統一)に対応したものを示している(注4)。芳賀綏(1962)は、句読点の項目で、句読点の与える印象について以下の例を示している(pp.141-142)。この例は句読点を意識するうえで、非常に印象的である。

 

〈感覚的に用いた句読点の例〉谷崎潤一郎春琴抄

おしやべりをしないから邪魔にならぬからといふのが果たして春琴の真意であつたか佐助の憧憬の一念がおぼろげに通じて子供ながらもそれを嬉しく思つたのではなかつたのか十歳の少女にさういふことは有り得ないとも考えられるが、俊敏で早熟の上に盲目になつた結果として第六感の神経が研ぎ澄まされてもゐたことを思ふと必ずしも突飛な想像であるとはいへない気位の高い春琴は後に恋愛を意識するやうになつてからでも胸中を打ち明けず久しい間佐助に許さなかつたのである。

〈句読点愛用者の例〉直木三十五『明暗三世相』

その当初、外様大名の、策謀を恐れ、その所領の国々に、程よく案配し、外様、新藩、外様と並べて、隣国同志にて、互いに、落度を見つけさせ、反目させ、警戒させ、団結を防ぎましたが、このために、天下は今日まで、続きましてございます。

 

句読点は主に初等教育の内容ではあるが、添削を行うと不統一を感じることが多い。改めて文部省国語調査室編「くぎり符号の使い方」と文化庁の「公用文における漢字使用について」を学生に紹介して表記への意識づけを行いたいものである。

 

4.2かな表記

 

「公用文における漢字使用等について」(平成23年)では、「接続詞」「副詞」「形式名詞」「補助動詞」などは、ひらがなで表記することが推奨されている。その中に、「できる」も入っている。安本美典(2001)が「漢字についてのモノサシ」を示しているので、照らし合わせるのもよいと思う。

 

「漢字についてのモノサシ-安本美典(2001)-」

1000字あたりの漢字の数

評価

相当する雑誌など

現代作家の文章の中で占める率(『現代日本文学全集』筑摩書房

406字以上

たいへん漢字が多い(大学生程度)

専門雑誌・新聞

7%

353字-405字

漢字がやや多い

(大学生程度)

専門雑誌・新聞

24%

300字-352字

ふつう(高校生、中学生程度)

総合雑誌の文芸小説

38%

247字-299字

漢字がやや少ない(小学生程度)

児童雑誌・大衆雑誌

24%

246字以下

たいへん漢字が少ない(小学生程度)

児童雑誌・大衆雑誌

7%

 

4.3「一文の長さ」

 

一文の長さは、あまり長いと主語・述語のねじれ現象が起きやすいため、ある程度の長さで切ることも大切である。ただし、具体的な文字数になると、意見が異なる。以下、その例である。

 

a.平均で30~35字というところ・・辰濃和男(1994) b.平均で40字ぐらいまで・・中村明(1999)・加藤秀俊(1970) c.40~50字以下・・安本美典(2001)

d.一文が60文字を超えたらわかりにくくなるので、注意が必要・・樋口裕一(2002)

 

文章心理学を創始した波多野完治(1962)によると、一文の長さは1948年の段階では、以下のように新聞は約100字程度であったとのことである。

 

 

ノン・フィクション

新聞

読本

小説

一文の文字数

60.5

97.9

39.2

34.5

 

この結果を公表したところ、新聞社も文字数を気にするようになり、1962年の段階では、新聞は平均60字から70字になったそうである。現在は、一文平均25字から50字という調査がある。この文章心理学を発展させた安本美典(2001)は、以下の表を作成している。

 

「文の長さについてのモノサシ-安本美典(2001)-」

文の平均の長さ

評価

相当する雑誌など

現代作家の文章の中で占める率(『現代日本文学全集』筑摩書房

74字以上

たいへん文が長い(大学生程度)

専門雑誌・新聞

7%

51字-73字

やや文が長い

(大学生程度)

専門雑誌・新聞

24%

37字-50字

ふつう(高校生、中学生程度)

総合雑誌の文芸小説

36%

27字-36字

やや文が短い

(小学生程度)

児童雑誌・大衆雑誌

24%

26字以下

たいへん文が短い(小学生程度)

児童雑誌・大衆雑誌

7%

 

少なくとも、60字から80字を超える文は、主語・述語のねじれ現象などが生じやすくなり、わかりにくい悪文になる可能性があるので、二文に分けるなどの注意が必要である(注6)。

 

4.文章の心理学的効果

 

4.1和語・漢語

 

和語よりも漢語の方が合理的で硬い印象を与える効果がある。例えば、「しつこい・執着」「難しい・難解」などがあげられる。「努力」「活性化」「挑戦」「活動的」などの名詞化した言葉も同様に、動詞の持つプロセスが失われる表現で、合理的で硬い印象を与える。あえて難解な漢語を用いて、知的に見せ、相手をうならせ、感心させる方法もある。

 

4.2「ひらがな」「漢字」

 

「ひらがな」と「漢字」のイメージで文章を書き分ける方法もある。以下に、その特徴をまとめてみる(注7)。

 

漢字の割合が多い・・男性的・硬派なイメージ・相手を威圧したり自分を強そうに見せたりするときに使う。

ひらがなの割合が多い・・女性的・ソフトなイメージ・親しみやすさをアピールするときに使う。

 

4.3「ポジティブな言い回し」と「二面提示」

 

二面提示を行うと、納得するといわれているが、その二面提示を行う際に、言い回しをポジティブにした方が好印象を与えられると言われている。

(例)5分の2は失敗である。→5分の3は成功である。

このテレビは高画質ですばらしい製品だが、寿命が5年程度とやや短い。

 

4.4数値やデータ

 

具体的な数値やデータを使うと納得する傾向がある

(例)非行少年・少女のきわめて多くが、成人してから犯罪者になることが知られている。

→非行少年・少女の80%が、成人してから犯罪者になることが知られている。

非行少年・少女の多くが家庭に問題のあるケースが多い。

→非行少年・少女の62パーセントが家庭に問題のあるケースだという報告がある。

 

4.5権威者の引用

 

引用する際に、権威者のものを使用するのも、読み手を納得させるのによい方法である。

(例)アリストテレスは、「・・・」と述べている。

ノーベル賞のセリエ博士によると「・・・」とのことである。

アインシュタインは、「・・・」という主旨のことを述べている。

 

4.6対比

 

評論などで頻繁に使用されている対比(二元論・二項対立)を使うのも有効である。

(例)科学が進歩しても、戦争はなくならない。

日本は・・。一方、アメリカは・・。

     人間には、「進歩向上したい気持ち」と「怠惰でいたい気持ち」という、相反する気持ちが内在している。

 

5.ビジネス文書の特徴

 

ビジネス文書の場合、手紙文の流れを汲んでいる。そのため、論文・小論文では敬意表現は避ける傾向があるのとは異なり、ビジネス文書では敬意表現が使用される。敬語の根幹となる体系は、尊敬語・謙譲語・丁寧語であるが、日常会話では謙譲語が衰退化しているのだが、ビジネス会話、ビジネス文書では謙譲語が頻繁に使用される。それは、「社内文書」と「社外文書」ともにその傾向がある(注8)。

ビジネス文書で好まれる表現を整理してみると以下のようにパラグラフ・ライティング(アカデミック・ライティング)と共通する書き方であることがわかる。

 

a.わかりやすい表現が重視される。

b.一文は20文字から60文字になっている。

c.結論を先に書き、その後、説明・解説・意見・感想などを書く。

d.欧米文の影響で横書きが好まれる傾向がある

 

次にビジネス文書マニュアルの執筆者による傾向を整理してみる。

a.文学部出身者・・例文に文学的表現が多い

b.法学部・経済学部・経営学部出身者(注9)

c.民間の会社経営者・経営コンサルタント・実業家・秘書

 

ただし、これらのビジネス文書マニュアルには、文化庁文化審議会の答申を反映していないようである。文化庁は、平成19年2月「敬語の指針」を答申によって、「1尊敬語・2謙譲語・3丁寧語」の三分類を、五分類にする案を提出したため、学校教育をはじめ、五分類案で行われることが推奨されているのである。

 

 

以上、文章の発想法から文章心理学、パラグラフ・ライティング、ビジネス文書までを述べた。現在は、わかりやすい文章が好まれる時代になっている。それとともに、欧米型のパラグラフ・ライティングが好まれるようになってきている。今や世界基準とまでいわれることさえあり、自然科学、社会科学、人文科学(一部)などのアカデミズムの世界でも採用され、ビジネスの世界でも好まれるようになっている。そこに、文章心理学の技法も加わり、読み手に伝わりやすい文章の型が定まりつつある。どのように書けばよいのか迷ったら、文章心理学の方法、パラグラフ・ライティングの方法を用いると、わかりやすく、効果的に読み手に伝えることができるため、たいへん効果的である。

 

 

 

 

 

(注)

1.

紙に書き出して可視化する方法は、筆記療法としての方法として、デール・カーネギー(【原書1936】香山晶訳2016)の著作の中で紹介され、「セルフ・カウンセリング」の流れにつながるものである。

2.

この方法の効果として、「ジョハリの窓」の例があげられることが多い。成功例として、「スーパー・ドライ」などが知られている。

3.

箇条書きか図解化については、久恒啓一・樋口裕一(2008)がある。

4

「パラグラフ・ライティング」は、井上逸兵先生(社会言語学)によると、ヴェトナム戦争から復員した学生が、すぐにレポートが書けるように型にはめてパターン化することがスタートとなっているとのことである。その流れがあるため、渡辺雅子(2004)は、日米の初等教育の段階での作文教育の違いを報告し、アメリカは情報伝達型の文章傾向であることを指摘している。しかし、成田信子先生(国語教育)によると、近年の傾向としては、日本の初等教育でも情報伝達型を扱う傾向が増加しているとのことである。

市川孝(1978)は、「文章の種類」について以下のように詳細に分類している。

第一類・・特定の相手に向けて表現される文章

通信の文章・・通常の形式で、意思などを伝える文章。案内状・見舞状・依頼状・令状

告知の文章・・特定の形式で、意思などを告げる文章。通知書・請求書

申告の文章・・当局への願い出・届け出などの文章。休暇願・欠勤届

報知の文章・・調査結果などを報告する文章。上司への報告書・信用調査の報告書

証明の文章・・証拠として交付される文章。免許状・卒業証書

契約の文章・・当事者の間で取り交わされ、後日のために保管される文章。各種の契約書

第二類・・不特定の相手に向けて表現される文章

解説の文章・・物事を分析的に解説・説明する文章。時事解説・新刊紹介

報知の文章・・事件や実情を一般の人に報知する文章。新聞報道記事・経済白書

実録の文章・・実録にもとづいて記述する文章。歴史・伝記・言行録・回顧録

表出の文章・・心の内面にあるものを外部に表し出す文章。感想文・批評文・随筆・紀行文

表明の文章・・意思・見解などを、人前に明示する文章。声明書・宣言文

論説の文章・・論理を展開し、主張を説き明かす文章。論文・評論

宣伝の文章・・相手を共鳴させ、反応を期待する文章。広告文・標語

教戒の文章・・教えを説いて、感化させようとする文章。経典・格言

公示の文章・・決定事項・注意事項などを、おおやけに示し知らせる文章。

お知らせ・プログラム

課題・解答の文章・・課題・質問を示す文章。また、それらについて回答する文章。

問題と答案・レポート

規約の文章・・規範として制定し、交付する文章。規約・法令・条例

第三類・・後日の相手に向けて表現される文章

記録の文章・・文字に定着させて、記録にとどめる文章。観察記録・読書ノート・戸籍簿

5

安本美典(2001)は、「読み継がれる文章論の名著の分類」として以下のように示している。

1文学的文章の考察に重点がおかれたもの。谷崎潤一郎三島由紀夫など

2読み、書き、考える具体的な技術を広く探求したもの。梅棹忠夫立花隆など

3文章についての心理学的考察に重点をおいたもの。波多野完治・中村明など。

4文筆経験の豊富な人がみずからの体験に基づいて書いたもの。扇谷正造本多勝一など。

6

今までの筆者の担当した文章添削では、書きなれていれば、120字までは行けそうな答案も多くみられた。国立大学の入試現代文の記述問題では最大で120字程度であるから、一文120字までは書き慣れていれば、主語・述語のねじれ現象は起きにくいと考えることもできる。

7

 梅棹忠夫の文章は、「ひらがな」の比率を高くすることで文章のわかりやすさ、親しみやすさを出すのに成功した例として有名である。この文章の傾向は、京都大学今西錦司のグループの特徴であるともいわれ、のちに岩波新書のシリーズも、「ひらがな」の比率を高くするようになったといわれている。

8

日本語表現を重視した河田美恵子(2006)をみると、以下のように敬語の項目を立てていることがわかる。

河田美恵子(2006)『ビジネス文書と日本語表現』学文社(目次)

1ビジネス文書の作成に必要な知識

文書の重要性・文書の果たす役割・文書の分類・文書作法の心

2わかりやすく正確に文章を書くための文章作法

文章の構成・正確な文章表現・文体の統一・現代表記法・縦書きと横書き

3敬語表現と敬称

敬語の分類と使い方・敬語表現・宛名の敬称

4日本語表現

話し言葉と書き言葉・言葉遣い・心遣いを表す言葉・断りの言葉

ビジネス文書にとってマイナスイメージの言葉・電報文

5ビジネス文書の能率的な書き方

社内文書の形式と書き方・社外文書の形式と書き方

封筒・返信はがきの書き方と使い方

6文書表現のポイントと留意点

取引上の文書・社交・儀礼的文書・慶弔の文書と忌み言葉

7ビジネスEメールの作成と発信に関する作法

ビジネス環境の変化・Eメールの特性・Eメールの言葉遣い

Eメールの基本的書き方・その他の留意点

8文書の取り扱い

受信、発信文書の取り扱いと通信業務・郵便の基礎知識・押印の知識・押印の仕方

9

堺憲一(2010)は、経済小説から、経済学の知識を得るという試みを提唱し、経済小説を読むことを薦めている。以下に参考までに、著名な経済小説の系譜とビジネス倫理の系譜を示してみる。

a.日本の経済小説の系譜

(中世)

徒然草』『人鏡論』

(近世)

『長者教』

井原西鶴『日本永代蔵』『世間胸算用

(昭和)

城山三郎清水一行高杉良

(平成)

池井戸潤幸田真音

b.日本のビジネス倫理の系譜

(近世)井原西鶴『日本永代蔵』・・金持ちの心得

鈴木正三『万民徳用』・・仏教と経済

石田梅岩『都鄙問答』・・町人学者による心学

(近代)澁澤栄一『論語と算盤』『論語講義』・・道徳経済一致論

(現代)松下幸之助・・水道方式・船場の商人の教え

稲盛和夫・・東洋の帝王学・仏教・儒教

柳井正・・ドラッカー理論

 

参考文献

石黒圭(2008)『文章は接続詞で決まる』光文社

市川孝(1978)『新訂 文章表現法』明治書院

梅棹忠夫(1969)『知的生産の技術』岩波書店

大島弥生・池田玲子・大場理恵子・加納なおみ・高橋淑郎・岩田夏穂(2005)『ピアで学ぶ日本語表現』ひつじ書房

加藤秀俊(1970)『自己表現』中央公論社

河田美恵子(2006)『ビジネス文書と日本語表現』学文社

川端善明(1993)「指示詞」『国文学 解釈と教材の研究』第38巻12号

倉島保美(2012)『論理が伝わる「書く技術」』講談社

斎藤美奈子(2007)『文章読本さん江』筑摩書房

堺憲一(2010)『この経済小説が面白い』(ダイヤモンド社

佐久間まゆみ(2002)「接続詞・指示詞と文連鎖」『日本語の文法4 複文と談話』岩波書店

佐治圭三(1970)「接続詞の分類」『月刊文法』2巻12号

佐藤孝(1970)「接続詞ははたして必要か」『月刊文法』2巻12号

三省堂編修所編(2017)『新しい国語表記ハンドブック』三省堂

ティーブン・R・コヴィー(【原書1989】ジェームス・スキナー 河西茂訳1996)『7つの習慣』キング・ベアー出版

滝浦真人(2016)『日本語リテラシー放送大学教育振興会

滝浦真人(2017)『日本語アカデミックライティング』放送大学教育振興会

竹内均(1980)『私の知的鍛錬法』徳間書店

辰野和夫(1994)『文章の書き方』岩波書店

ダニエル・カーネマン(【原書2011】村井章子訳2012)『ファスト&スロー』早川書房

ダニエル・カーネマン(【原書2011】村井章子訳2012)『ファスト&スロー』早川書房

デール・カーネギー(【原書1936】山口博訳2016)『人を動かす』創元社

デール・カーネギー(【原書1948】香山晶訳2016)『道は開ける』創元社

時枝誠記(1960)『文章研究序説』山田書店

塚原鉄雄(1970)「接続詞-その機能の特殊性-」『月刊文法』2巻12号

永野賢(1958)『学校文法概説』朝倉書店

中村明(1999)『名文作法』PHP研究所

永山勇(1970)「接続詞の誕生と発達」『月刊文法』2巻12号

芳賀綏(1962)『国語表現教室』東京堂

波多野完治(1962)『実用文の書き方 文章心理学的発想法』光文社

樋口裕一(2002)『YESと言わせる文章術』青春出版社

平尾始(2002)『小論文と模範答案』ライオン社

久恒啓一・樋口裕一(2008)『図解vs文章』プレジデント社

湊吉正(1970)「接続詞の境界」『月刊文法』2巻12号

森岡健二(1978)『文章構成法』至文堂

森田良行(1993a)『言語活動と文章論』明治書院

森田良行(1993b)「接続」『国文学 解釈と教材の研究』第38巻12号

吉岡友治(2015)『シカゴスタイルに学ぶ論理的に考え、書く技術』草思社

安本美典(2001)『説得の文章術』宝島社文庫

渡部昇一(1976)『知的生活の方法』講談社

渡辺雅子(2004)『納得の構造 日米初等教育に見る思考表現のスタイル』東洋館出版

 

 

【参考資料1】一般的に小論文で問われやすく、支持されやすい考え方。

-平尾始(2002)を参照し改変-

a.地球環境保護

○先進国の豊かな生活は、資源の大量消費に支えられている。

○資源を供給しているのは途上国である。その結果、途上国の環境は大規模に破壊されている。

○途上国は豊かになろうとしているが、途上国の利用できる資源が不足している。資源の節約と公平な分配が必要である。

○諸問題には、先進国と途上国との話し合い、合意が不可欠である。

環境保護や経済発展に関する先進国と途上国の利害対立を「南北問題」という。

  〇「ライフスタイルを改める」「クリーン・エネルギー開発」「資源保護」「途上国援助」などの対策が必要である。

 

b.消費社会

○消費社会とは、「大量生産・大量消費」が行われている社会のことである。世界中が大量消費すると、資源は枯渇し、ゴミによる環境汚染が生じ、伝統的な暮らしも破壊されてしまう。

○現代の製品は性能や必要によって売れるのではなく、宣伝によって売れる。

○消費社会では「手作り」や「手間をかける」ことの価値が見失われがちである。工業製品は大量生産に向いているが、家庭での食事や学校での教育は、逆に手間をかけることによって質がよくなる。「手間」による「質の向上」も重要である。

※「新商品が欲しい」という消費者の欲望をあおり、商品を買わせることを、「欲望の生産」という。

 

c.日本の国際貢献

○相手の文化や社会を尊重した上で、経済・教育・医療での援助をきっかけに、日本人が消費社会を反省し、異文化と共存する活動ができることができれば、真の国際貢献となる。

○「互いに学びあう援助」を実践しているNGOの活動などを調べると、詳しい議論が可能になる。

○「国際貢献」の目標は「国家間の紛争を話し合いで平和的に解決し、民衆の暮らしを守ることに役に立つ」ことである。

 

d.「民族紛争」の解決

○紛争のほとんどは、経済格差から起こっている。

○国境の内側に住む人々を「一つの国民」と考える国家を「国民国家」と呼ぶ。しかし、日本を含め、一つの国には複数の少数民族が住んでいる。そのため、国民国家のあり方が見直されている。

○民族問題では「地域の独自性を尊重すること」と「国際的に強調すること」の両方が大切である。

国際連合の主要なテーマは「それぞれの文化の個性を認め合いながら、同時に世界的な協力を行う」ことである。cf.文化相対主義レヴィ・ストロース『悲しき熱帯』)

 

e.人口問題

○経済・社会の近代化によって人口増加が始まる。同時に、農業から工業への産業構造の変化が進むが、増加した人口を産業が吸収できない場合、国内・国外の人口移動が起こる。

○過度の人口移動を防ぐには、途上国が国内産業によって自立する必要がある。また、人口抑制には、教育の普及が効果的である。多くの人が中等以上の教育を受ける国では、人口増加が緩やかになる。cf.アリエス『子どもの誕生』

○途上国の自立を先進国が支援し、経済・教育・医療などの分野で近代化を進める必要がある。途上国の人口増加が抑えられれば、世界人口も安定し、環境や食料分配の問題を解決する道が開ける。

※増えた人口は、農村から都市へ、途上国から先進国へ移動する。

 

f.「高齢社会」「超高齢社会」の問題

少子化は先進国に共通の問題である。女性の負担の軽減、子供を育てる環境の整備を充実させることが、人口増加には欠かせない。

○高齢者も仕事を続けたり、ボランティア活動で相互に支えあったりすることで自立

し、同時に若い世代の負担を減らすことができる可能性も考える必要がある。

○若い世代と高齢世代との協力関係を「世代間の合意」と呼ぶ。

※高齢社会は、高齢者の増加と子供の減少の両方が原因となっている。

cf.少子化の原因

1.専門職志向と男女の高学歴化

2.晩婚化・晩産化

3.女性の高学歴化に伴う意識変化

4.子どもの養育費の高騰

5.大都市における住宅条件の限界

6.公的生活保障の機会が、ある程度充実したことによる子どもに対する依存度の減少。

森永卓郎(1997)『非婚のすすめ』講談社現代新書

少子化」のメリット

1.住宅問題の解決

2.財政の好転

3.通勤地獄の解消

4.レジャーコストの減少

5.高齢者や女性の基幹的雇用の促進

6.交通渋滞の解消

7.食糧自給率の向上

8.自然環境の維持

9.大都市集中の緩和

 

g.豊かな生き方

○「物の豊かさ」から「精神的な豊かさ」の時代になってきている。

○若者のフリーター志向は、サラリーマン以外の様々な仕事を知らないからとも言われている。自分の興味がある分野を調べるとよい。

バブル経済の時代以降、「お金を生み出すものにしか価値がない」という考え方が広がっているが、これを見直す必要がある。

※他の人々と共に生きる社会のあり方を「共生社会」という。

 

h.男女平等社会

○「男は仕事、女は家庭」という「性別役割分業」という考え方は、男女差別の一因である。農業社会では、女性も男性と同様に働く。企業中心の社会になってから、女性が家庭中心の生活をするようになった。

○生物学的な性の区別を「セックス」、社会的な性の区別を「ジェンダー」という。生物学的な性は、生まれたときから決まっていて、変更はできない。一方、「ジェンダー」は「男らしさ」「女らしさ」と結びついていて、時代や地域によって考え方が変わる。「男らしさ」「女らしさ」は変化しないという考え方には、問題がある。

※男女平等社会のことを、「男女共同参画社会」ともいう。

 

i.「家族」のあり方

核家族化と都市化が人間関係を希薄にしているとされている。

○もっとも基本的な社会集団は家族である。家族が地域社会を作り、「安心できる地域社会」がより大きな「信頼できる地方自治体」や「安定した国」を作る。家族が機能しない社会では、多くの人が不安を感じながら生きることになる。家族の重要性はそこにある。

※「核家族」とは夫婦と子供だけの家族を指す。核家族は、祖父母や親類と離れて生活しているのが普通である。サラリーマンの人口が増え、転勤する人が多くなり、核家族が増える。

 

j.学校での「いじめ」

○均質化・画一化重視・集団主義的で、多様性を認めない社会のあり方が根本的な原因であるといわれている。少数者差別は、人権侵害にあたる。

○学校に多様な生徒を受け入れる態勢があれば、障害を持つ人や異文化を持つ人も一般の人と同じ学校に通える。しかし、実際には「人手不足」や「対応の仕方がわからない」という理由で、一定の枠に収まる子供しか学校に行けないという問題がある。

※一人ひとりのすべての違いが「個性」を作り上げている。個性は誰にでもあるものである。

 

k.死の教育

○優れた童話は「悲しい話」や「残酷な話」によって、むしろ、「死の重さ」を幼い子供にわかりやすく感じさせる役割を持っている。「夢のある話」だけでは子供の成長に不足である。

○「死」や「病気」に接することで、かえって自分や他人の生命の大切さが理解できる。高齢者との触れあいや生き物の世話を通じた「死の教育」は、他者を尊重するための教育でもある。

※「死の教育」とは、死について教える教育のことであり、幼い子供から青年や中高年の人まで、すべての世代に必要である。

 

l.医療従事者と患者との関係

○病院はキュア(治療)だけの場所でなく、ケア(癒し・介護)の場でもあることが重視されている。「病気」だけを見るのではなくて、「病者としての人間」を見る視点が重要である。

○現代では、患者が自分の「適切な医療を受ける権利」を守るために、医療従事者は必要な情報を公開する義務があると考えられている。これを「患者の権利」という。

○十分に説明され、理解したうえで治療に同意する「インフォームド・コンセント」や納得できないときには複数の医師から意見を聞く「セカンド・オピニオン」も患者の権利である。

社会福祉などの相談を受ける専門家である「ケースワーカー」を配置するなどの配慮も必要である。ケースワーカーは、医療機関に医療従事者と患者との間をつなぐ役割がある。

 

m.異文化理解

○異文化理解とは、異なった価値観、生活習慣を持つ人々がその異質性を尊重され、多様性が認められることである。どのような文化も、異文化を取り入れた融合文化である。

○異文化を尊重し、自分とは異質な人々も受け入れる社会では、障害を持つ人や高齢者も尊重される。「異文化理解」は外国の文化について言うだけではなく、社会の内部に住む多様な人々が協力し合って生きていくうえでも非常に重要である。

※偏見なく異文化と接する考え方を「文化相対主義」という。また、自分の国の文化を「自文化」、他の国の文化を「異文化」と呼ぶ。

 

n.ボランティア活動

○ボランティア活動では、「他人の生き方に触れる」ことから、自分の知らなかった「新しいものの見方や生き方」を学ぶことが多い。

○ボランティアとは、ラテン語の「欲する」という語から生まれたことばであるから、「自分からやりたくなって行う活動」のことである。「人のため」や「犠牲的精神」で行うものではない。強制や利益目的の活動はボランティアとはいえない。

※自分を相手の立場から見ることを「自己相対化」と呼ぶ。

 

o.高度情報化社会

○インターネットは便利であるが、使いこなすには「自分で情報を集め、必要な情報を選び、内容を理解する」ことが不可欠である。そのためには、読書や社会的活動を積み重ねることが必要である。

○良い面としては「いつでも利用でき、仮想現実も経験できる」ことがあげられる。悪い面としては、「個人のプライバシーが侵害され、社会的に管理・画一化され、情報量に圧倒され、情報の正誤がわからず、主体性を失う可能性がある」ことがあげられる。

※高度情報化社会とは、コンピュータとインターネットのようなネットワークによって、情報が大量に集められ、保存・編集され、有償・無償で誰にでも提供される社会のことである。

 

p.科学技術と人間

○科学技術の利用や安全性の決定には、一般の人々も参加すべきである。科学は「善悪」や「美」を判断する基準を持っていない。

○科学の進む方向をコントロールするために、「環境倫理」や「生命倫理」などの指針が必要だといわれている。20世紀は、医学の進歩やコンピュータの発明によって、科学技術が人類に大きな恩恵をもたらすと同時に、核兵器の登場や自然破壊によって人類の滅亡につながる影響も与えた時代であった。

※自然環境や生命の複雑な仕組みを「複雑系」という。

 

q.基本的人権

○「基本的人権」とは、「生まれながらに人間ならだれもが持つ権利」のことである。体罰・差別的発言・過度に厳しい校則なども人権の侵害に当たる。言い換えれば、「互いの自由を尊重して共存するための権利」である。

○日本では法律を「上から押し付けられるもの」と考えることが多いが、法律は「みんなが納得して合意するルール」である。実態に合わない法律は話し合いで変えられるものである。

※「子どもの権利条約」は、1989年に国連で採択された国際条約であるが、日本では1994年にこの条約を批准した。

r.法と制度

〇法とは、権力による強制を伴った社会的規範の体系である。

〇日本人は、契約よりも口約束・義理人情・世間常識を好む傾向がある。

  〇応報刑ではなく、犯罪者の社会復帰を目指す、教育刑の考え方が主流である。これは、生きる権利でもある。cf.死刑廃止論

 

s.文学や絵画などの「芸術」の役割

○芸術は感情を表現するだけのものではなく、人間性について考えさせ、社会を変える力を持つ。cf.カタルシス追体験、作品作家論、テクスト分析。

○芸術作品は、作者が「自分だけのものの見方」「世界のとらえ方」を独自の方法で表現したものである。それを理解することは、自分にとって「新しいものの見方」を知ることになる。それが人間についての発見や感動をもたらし、結果として、癒しや励ましにもなる。

○美術での「印象派」「立体派」「超現実主義」などのように、芸術家の考え方は、「新しい思想」として他の分野にも影響を与えている。

 

t.若者の生き方

○若い世代が、これまでの日本を変える可能性がある。

○現代の若者と年上の世代がもっとも対立するのが、「他人に対する思いやりがない」という点である。若い世代は、他者への思いやりを忘れずに、新しい時代を切り開くような主張をすることが大事である。

※さまざまな人々が異質な他人を尊重しながら共同生活するあり方を「公共性」と呼ぶ。

【参考資料2】「文部省国語調査室編の句読点の使い方」

 

1)「。」(マル)〔句点〕の使い方

1マルは文の終止にうつ。正序・倒置・述語省略など、その他、すべての文の終止にうつ。

(例)春が来た。出た、出た、月が。どうぞ、こちらへ。

2「 」(カギ)の中でも終止にうつ。(省略してもよい)

(例)「どちらへ。」「上野まで。」

3引用語にはうたない。

(例)これが有名な「月光の曲」です。

4引用語の内容が文の形式をなしていても簡単なものには、うたない。

(例)「気をつけ」の姿勢でジーット注目する。

5文の終止で、カッコをへだててうつことがある。

(例)このことは、すでに第三章で説明した(五七頁参照)。

6付記的な一節を全部カッコでかこむ場合には、もちろんその中にマルが入る。

(例)それには応永三年云々の識語がある。(この識語のことについては後に詳しく述べる。)

2)「、」(テン)〔読点〕の使い方

1テンは、第一の原則として文の中止にうつ。

(例)父も喜び、母も喜んだ。

2終止の形をとっていても、その文意が続く場合にはテンをうつ。ただし他のテンとのつり合い上、この場合にマルをうつこともある。

(例)父も喜んだ、母も喜んだ。

3テンは、第二の原則として、副詞的語句の前後にうつ。その上で、口調の上から不必要なものを

消すのである。

(例)昨夜、帰宅以来、お尋ねの件について、当時の日誌を調べて見ましたところ、やはり、

そのとき申し上げた通りでありました。

   お寺の小僧になって間もない頃、ある日、おしょうさんから大そうしかられました。

   ワタクシハ、オニガシマヘ、オニタイジニ、イキマスカラ、

〔付記〕この項の趣旨は、テンではさんだ語句を飛ばして読んでみても、一応、文脈が通るよ

うにうつのである。

これがテンの打ち方における最も重要な、一ばん多く使われる原則であって、この原

則の範囲内でそれぞれの文に従い適当に調節するのである。なお、接続詞、感嘆詞、

また、呼びかけや返事の「はい」「いいえ」など、すべて副詞的語句の中に入る。

4形容詞的語句が重なる場合にも、前項の原則に準じてテンをうつ。

(例)くじゃくは、長い、美しい尾をおうぎのようにひろげました。

   静かな、明るい、高原の春です。

5右の場合、第一の形容詞的語句の下だけにうってよいことがある。

(例)まだ、火のよく通らない、生のでんぷん粒のあるくず湯を飲んで、村はずれにある、う

ちの雑木山を開墾しはじめてから、

6語なり、意味なりが付着して、読み誤る恐れがある場合にうつ。

(例)弾き終わって、ベートーベンは、つと立ち上がった。

   よく晴れた夜、空を仰ぐと、

   実はその、外でもありませんが、

7テンは読みの間をあらわす。

(例)「かん、かん、かん」

8提示した語の下にうつ。

(例)秋祭、それは村人にとって最も楽しい日です。

   香具山、畝傍山、耳梨山、これを大和三山という。

9ナカテンと同じ役目に用いるが、特にテンでなくては、かえって読み誤り易い場合がある。

(例)まつ、すぎ、ひのき、けやきなど

   天地の公道、人倫の常経

10対話または引用文のカギの前にうつ。

(例)さっきの槍ヶ岳が、「ここまでおいで。」というように、

11対話または引用文の後ろを「と」で受けて、その下にテンをうつのに二つの場合がある。

「といって、」「と思って、」などの「と」にはうたない。

「と、花子さんは」というように、その「と」の下に主格や、または他の語が来る場合はうつ

のである。

(例)「なんという貝だろう。」といって、みんなで、いろいろ貝の名前を思い出してみました

が、

   「先生に聞きに行きましょう。」と、花子さんは、その貝をもって、先生のところへ走

って行きました。

   「おめでとう。」「おめでとう。」と互いに言葉をかわしながら、・・・。

12並列の「と」「も」をともなって主語が重なる場合には原則としてうつが、必要でない限りは省

略する。

(例)父と、母と、兄と、姉と、私との五人で、

   父も、母も、兄も、姉も、

   父と母と兄と姉と私との五人で、

   父も母も兄も姉も

13数字の位取りにうつ。

(例)(ア)一(円)、二三五

   (イ)一、二三四、五六七、八九〇

   (ウ)一二(億)、三四五六(万)、七八九〇

 

【参考資料3】文の接続法

 

市川孝(1978)は、「文を続ける方式」として以下の7項目をあげている(pp.105-106)。このような整理も活用すると、文章の際に役立つ。

 

1接続詞または接続的機能を持つ語句を用いる。

その計画はなかなか面白い。だが、実行は困難だと思う。

そんなことは子供でさえ知っている。いわんや、大人たちの知らぬはずはな

い。

朝から雨だった。そのため、競技会は中止された。

2接続助詞または接続助詞的機能を持つ語句を用いる。

山には雪が降った、里には降らなかった。

力が足りなかったために、結果は思わしくなかった。

3指示語を用いる。

かれは駅前をぶらぶらしていた。それを見た者があった。

4前文の語句と同一の語句を用いる。

窓からは林が見えた。は、夕日に美しく照らされていた。

5連用形中止法を用いる。

兄は作家になり、弟は作曲家になった。

6特殊なことばを用いる。

わたしは返答に困った。そんなことを考えたこともなかったからだ

雨がはげしくなった。風さえ加わってきた。

7単に文を重ねる。

この問題はどう考えたらよいのだろう。わたしにはわからない。

わたしは甘党です。からいものは、ほとんど食べません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【参考資料4】パラグラフ・ライティングの基本構造と論理展開のパターン

-樋口裕一(2002)・大島弥生他(2005)・吉岡友治(2015)を参照し抄録-

 

(基本構造-論証型パラグラフ-)大事なことは先に述べる。改行の目安は7から8文程度。形式段落の数の目安は、「文字数÷200」を参考にする。

主張

根拠=理由+証拠

      cf.論証の方法

1.データで裏付ける。

2.現場の証言を示す。

3.検証する。

4.体験談を語る。

5.他人の意見を使う。

6.他と比較する。

 

学生がコンピューターの操作に熟達するように、学校側はコンピューターによるレポートを義務化すべきである。なぜなら、義務化によって、学生が従来よりも長時間コンピューターに触れれば、操作は上達しやすくなるからだ。このことに関しては、コンピューターの上級者は1日平均の操作時間が長いことが、雑誌「読売パソ」(2004年1月)の調査によって確かめられている。

 

(応用構造)

 

主張

根拠=理由+証拠

反論の予測反駁または限定条件

 

学生がコンピューターの操作に熟達するように、学校側はコンピューターによるレポートを義務化すべきである。なぜなら、義務化によって、学生が従来よりも長時間コンピューターに触れれば、操作は上達しやすくなるからだ。このことに関しては、コンピューターの上級者は1日平均の操作時間が長いことが、雑誌「読売パソ」(2004年1月)の調査によって確かめられている。たしかに、ただ長時間操作していても、同じ作業の繰り返しでは、操作は上達しないという意見もあるだろう。しかし、多様な操作が必要なレポートを課せば、必ず技術の向上に結び付くはずだ。

 

学生がコンピューターの操作に熟達するように、学校側はコンピューターによるレポートを義務化すべきである。なぜなら、義務化によって、学生が従来よりも長時間コンピューターに触れれば、操作は上達しやすくなるからだ。このことに関しては、コンピューターの上級者は1日平均の操作時間が長いことが、雑誌「読売パソ」(2004年1月)の調査によって確かめられている。実際には、すべての学生が義務化によってコンピューターに触れる時間が大幅に増えるとはいえないかもしれない。しかし、少なくとも、コンピューターに苦手意識を持って触ろうとしない学生にも、義務化は確実に効果があるだろう。

 

著者は、現在行われている、児童を中心とした犯罪に対する安全対策は、効果が認められず、安心に導かれないと述べている。しかし、その見解は間違っている。現在の安全対策は、充分に安心につながる。

なぜなら、数字で効果が確認できなくても、安心は得られるからだ。安心とは、人々の持つ主観的感覚に過ぎない。実際、日本では、犯罪は一貫して減少しているのに、人々は「犯罪が多くなった」という印象を持つ。客観的な数字と主観的な印象とは異なるのだ。

その意味で、この安全対策も、安心をもたらすための対処にできる。まず、何らかの対策を立ち上げておいて、子どもの行方不明事件は稀であることを利用して「対策しているからこそ、これだけ安全なのだ」と逆転させる。事件が起こらない状態が証拠になって、対策は正当化されるだろう。

特に重要なのは、積極的に住民と協力することだ。退職者・高齢者などを動員して通学路の見回りをさせれば、社会に貢献している実感が持つことができて、喜ぶだろう。小学生と友達になるなど、地域社会とのつながりを強める人々も出てくる。このように、自分たちが参加している活動に対して、わざわざ「効果がない」と否定するはずはない。

これは、戦争における宣撫工作と似ている。ある土地を占領したら、そこの住民たちに不安を与えないように、実力者を呼んで安全を保証し、名目上の役割を与えて取り込む。そのようにすると住民は安心して、占領体制に疑問を持たなくなる。それと同じ仕組みなのである。

たしかに、実際に事件が起きたら問題だが、稀にしか起きないなら、当面、このような方法でしのげるはずである。常時、見張られていることに難色を示す住民もいるかもしれないが、そのような意義を申し立てる人は多くない。自分たちは悪いことをしていないから、監視されてもかまわないと思うのは一般的である。生活の中における安心感が第一であり、言論や思想の自由などは気にかけない。その意味で、安全対策は「安心」をもたらすと言えるのである。

 

 

 

 

 

(パラグラフの論理展開のパターン)

 

1.分類・整理する

 

アメリカのプロ野球は、メジャー・リーグとマイナー・リーグから成立している。最上位のリーグであるメジャー・リーグは、ナショナル・リーグアメリカン・リーグとに分かれている。両リーグの間に序列はない。ナショナル・リーグは1876年に8球団で発足し、現在は14球団になった。アメリカン・リーグは1900年に7球団で発足、現在は16球団から構成されている。マイナー・リーグは、メジャー・リーグの各球団系列下のチームで、3A、2A、A、ルーキー・リーグの4つの階層から成立している。マイナー・リーグから順番にメジャーに上がっていく選手もいる一方で、メジャーからマイナーに落ちる選手やその両方を行ったり来たりする選手も多い。

 

最近、学校では学力低下が問題になっている。学力低下について、第一の原因として挙げられるのは、社会全体が、娯楽中心・消費者中心になって、努力することが美徳ではなくなったことだ。第二に、文部科学省の「ゆとり教育」推進によって、競争を和らげて「落ちこぼれ」をなくそうとして、学習内容を削減し、ゆとりを増加させたこと、選択制度を導入したことも原因だ。第三に豊かさのために、人々がハングリー精神を持たなくなったことも大きな原因だ。このような学力低下の結果、若者は競争意識を失い、活気をなくし、エリートが存在できなくなっている。このままでは、日本は新しい技術も開発できなくなってしまう。(→理由を三つ示すフランス式の論理構造)

 

女性の年齢別労働力率について、日本は、アメリカやドイツ、スウェーデンに比べ、三つの特徴を有している。すなわち、30歳代で就労率が一時的に低下すること、30歳代から50歳代にかけて就労率が低いこと、そして、逆に60歳代以降では就労率が高いことである。

第一に、日本人女性の就労率は、30歳代で一時的に低下して、全体としてMの字を成している。20歳代で70%以上あった就労率が、30歳代で60%台まで低下して、40歳代後半で元の就労率に戻る。アメリカやドイツ、スウェーデンでは、このような一時的な落ち込みは見られない。この就労率の一時的な低下は、女性が結婚や出産を機に退職し、育児を終えた頃に再就職しているためだと考えられる。つまり、仕事と育児の両立の難しさをうかがわせる。両立が難しいのは、政府の育児支援体制が不十分なことに一因がある。たとえば、託児施設の充実は遅れている。認可保育園に子どもを入れられないために、無認可の保育園を使っている話はよくある。また、親が無職、つまり、就職前では、保育園に入れられないことも、再就職を困難にしている。

第二に、日本人女性の就労率は、育児の時期を除いても、アメリカやドイツ、スウェーデンに比べてやや低い。アメリカやドイツ、スウェーデンが80%前後であるのに対して、日本は70%台前半と、10%近く低い。この低就労率の背景には、日本人女性の専業主婦志向が考えられる。専業主婦志向は、日本の伝統的、文化的な側面もあろうが、政府の専業主婦支援政策にも一因がある。サラリーマンの専業主婦は税制上の優遇を受けており、年金も優遇されている。中途半端に働くと、税控除や補助金を失って実収入が減る。そうであるのなら、専業主婦の方がよいと考えるのも、もっともなことである。これらの政策が、労働意欲を阻害していると考えられる。

第三に、日本人女性の就労率は、60歳代以降になると、逆にアメリカやドイツ、スウェーデンに比べて、同等あるいは高くなる。60歳代後半では、日本は40%台とドイツより高く、60歳代後半では、10%後半とアメリカやスウェーデンよりも高い。この傾向は、高齢者に対する福祉が不十分であることの表れだと考えられる。日本では、国民年金の100%支給は65歳からだ。国民年金が得られても、その平均支給額は毎月、5.8万円に過ぎない。これでは働かざるを得ない人がいるのも仕方ない。ヨーロッパは、高い税金と引き換えに充実した福祉を提供しているので、直接的に比較はできないが、日本の福祉政策を考えさせるデータと言える。

 

2.一般論を述べたあとで具体的内容を述べる

 

世界の年中行事には、使用する暦によって、日にちが固定のものと毎年変わるものとがある。中国や、東南アジアの中国系の人々は旧正月を盛大に祝うが、これは太陰太陽暦に従うため、毎年日にちが変わる。インドのヒンドゥー教徒のディーパバリ、イスラム諸国のイドル・フィトリ、ユダヤ教徒のローシュ・ハシャナ等も大切な年中行事だが、太陰暦に従っているため、日にちは固定されていない。多民族国家アメリカでは、感謝祭が国民の祝日として毎年11月の第4木曜日に定められ、この日ばかりは国を挙げて祝う。日本で最も重要な年中行事である正月は、明治以来、毎年1月1日と決まっており、大晦日の除夜の鐘や初詣等、宗教色が色濃く残る習慣が大切にされている。日にちの決め方はさまざまだが、このような年中行事にはそれぞれの伝統が綿々と継承されている。

 

3.比較や対比をする

 

今日のバイオテクノロジーの原点ともいえる発酵食品は、洋の東西を問わず、古くから人間に親しまれてきた食べ物であり、健康の増進にも役立っている。西洋ではチーズ、ヨーグルト、ワイン、パン等が、東洋、特に日本では、しょうゆ、みそ、納豆、漬物、日本酒等が何世紀にもわたって人々の日常の食生活を支えてきた。西洋諸国では、完全栄養食品である牛乳から多くの発酵食品が生まれている。その1つであるヨーグルトは、カルシウムや鉄分の消化吸収を助け、腸の働きを活発にし、老化防止、免疫力の向上にも役立つ。一方、日本では、良質のたんぱく質、カルシウム、ビタミンB1、食物繊維等を豊富に含む大豆から多くの発酵食品が作られている。その中でも味噌は、がん予防、胃潰瘍の防止、コレステロールの抑制、消化促進作用、老化防止、整腸作用等の働きがあるといわれている。このように、多くの長所を持つ発酵食品は、長く世界の人々の健康を支え続けてきている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【参考資料5】書き言葉の特徴

 

Ⅰ書きことばの条件

a.書き手と読み手が物理的に同じ場面にいないこと。

b.書き手と読み手がその場で対面していないこと(または対面している意識が薄いこと)。

c.書き手は書く内容をあらかじめ吟味することができ、聞き手を意識しつつも、書き手の一存で文章展開が決定されること。

d.文字は保存ができ、読み手は文章を繰り返し読むことができること。

 

Ⅱ書きことばの特徴

1表記や句読法、記号(括弧や引用符、「-」「・・」「!」など)が伝達上大きな役割を果たす。ひらがな、カタカナ、漢字表記の別がニュアンスの違いを生み出すことがある。

(例)先生・センセイ

2書き手と読み手が伝達場面を共有しないため、言語以外の要素への依存度はかなり低い。書き手は言葉だけで意図が十分に伝わるように配慮する。

3日常的になじみがない、文章特有の語彙が用いられる。(例)小生

4音では区別することの困難な同音異義語も用いられる。(例)私立・市立 創造・想   

 像

5特別な意図のない限り、語彙は標準語を用いることが多い。

6語彙は縮約されず、正規の形が用いられる。俗語も少ない。

7感動詞、間投助詞、終助詞はほとんどない。

8複雑な文構造も許容される。話しことば(会話文)にくらべ、一文が長い。

9省略や倒置表現など、文法的に不整合な文は避けられる。

10待遇表現は少なく、中立的な表現が多い。例えば、聞き手を意識した「です・ます」体はあまり用いられず、「だ・である」体が主流である。

11手紙文のように相手に語り掛ける調子の文章では、文体が話しことば的になるが、話しことばより少し改まった言葉遣いになりやすい。(口頭ではくだけた言葉遣いをする友人にたいして「です・ます」体で文章を書くなど)

12談話展開が論理的で、不必要な反復や言い換えは避けられる。

 

Ⅲ書きことばと話しことばの差異の原因

 

1即時性 話し言葉は現場の会話時に使用されるため、相手にすぐ返事する即時性が要求される。そのため、文の長さは比較的短く、自分の頭にある語彙が使われる。しかし、書き言葉には即時性が要求されていないため、辞書などもしながら、考えを深めたり、推敲したりすることができる。書き言葉は比較的に永続性・客観性を持つ。

2対人性

話し言葉は、対人性が強いため、外部環境に左右されやすい。そのため、感動詞、男性語、女性語などの言葉が多く使われ、文も短く、倒置、中断などの表現が多く使用される。そして、相手と対面しているために、直接的な表現などは遠慮されるため、婉曲的な表現が好まれる。それに対して、書き言葉は外部条件に左右されにくい。

3規範性

話し言葉に個人差がある。たとえば、若い世代は文法の規範性などに頓着しないことが多く、「ら抜きことば」「れ足すことば」「さ入れことば」「マニュアルことば」などが使用される。また、新しい単語もよく作られる。それに対して、書き言葉は保守的である。

4音声情報

話し言葉では、聞き手は話し手のアクセント、声の大きさ、スピード、ジェスチャーや表情などから相手の意味を知ることが可能である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【参考資料6】悪文にならないための心得

 

1.一文章一主語で、一文を短くし、短い文章を連ねる。

 

空中窒素の人工固定の道が開けてから、空気中の窒素は最大の資源となったわけだが、現在の空気中の80%というその量は、今後100万年間、つまり人類が地球上に姿を現してから現在にいたるまでとほぼ同じ期間、これから後肥料として使えるほどの量である。

 

空中窒素の人工固定の道が開けてから、空気中の窒素は最大の資源となった。窒素は現在の空気中の80%を占めている。この量は、今後100万年間、人類がこれを肥料として使えるほどの量である。100万年といえば、それは人類が地球上に姿を現してから現在にいたるまでとほぼ同じ期間である。

 

日本の原油輸入は8割以上が長期契約となっており、中東ドバイ原油の平均価格を基準に決められる契約形態が大部分である。

 

日本の原油輸入は8割以上が長期契約となっている。そのうち、中東ドバイ原油の平均価格を基準に決められる契約形態が大部分である。

 

高齢社会の進展に伴って年々膨張を続ける社会保障財政に対し根本的な対策を求められている政府は、今度の国会で関連法の修正法案を提出する方針だ。

 

政府は、今度の国会で関連法の修正法案を提出する方針だ。高齢社会の進展に伴って年々膨張を続ける社会保障財政に対し根本的な対策を求められているためである。

 

2.主語と述語とを接近させ、形容詞や副詞はかかる言葉にできるだけ近づける。

 

だから私は今度の川崎の予知連の発表はいろいろ言われているけれども、トータルで見れば成功だったと思う。

 

今度の川崎の予知連の発表はいろいろ言われている。しかし、トータルで見れば、成功だったと私は思う。

 

おそれいりますが、都合によって裏門を閉じていますので、表門へおまわり下さい。

 

都合によって、裏門を閉じております。おそれいりますが、表門の方へおまわり下さい。

 

近年行われたウンカの発生時期についての研究からも・・

 

ウンカの発生時期については近年行われた研究からも・・

 

国内部分については、建設機械市場において、新製品などの売り上げ増加はあったが、引き続き建設工事の減少があったことから、全体としては売上高が減少した。

 

国内部分については、全体としては売り上げ高が減少した。建設機械市場において、新製品などの売り上げ増加はあったが、引き続き建設工事の減少があったからである。

 

3.主語と述語との対応に注意する。

 

私は、日本の経済もゼロ成長期に入りました。

 

私の考えでは、日本の経済もゼロ成長期に入りました

 

日本の経済もゼロ成長期に入った、と私は考えます

 

新サービスはインターネット上で話題となったうえ、実際に導入した先からも好評を博したことにより、前年度比15%増の売り上げを期待しています。

 

新サービスはインターネット上で話題となったうえ、実際に導入した先からも好評を博したことによって、前年度比15%増の売り上げが期待されています

 

低価格を「売り」とする企業の収益構造を調べたら、安さの秘密は従業員にサービス残業を強いていた。

 

低価格を「売り」とする企業の収益構造を調べたら、安さの秘密は従業員にサービス残業強いていることにあった

 

4.曖昧な表現にならないようにする。

 

アナウンサーだったA氏のよき伴侶、B夫人はA氏のよき飲み友達でもあるらしい。

 

A氏はアナウンサーだった。そのA氏のよき伴侶、B夫人はA氏のよき飲み友達でもあるらしい。

 

法改正で相当の規制が出てくるが、マネーロンダリングとかに関してはいいのかもしれないが、国がビットコインにお墨付きを与えたという認識が広がってしまうのではないかという危惧がある。

 

法改正で相当の規制が出てくるが、マネーロンダリングとかに関してはいいのかもしれない。しかし、国がビットコインにお墨付きを与えたという認識が広がってしまうのではないかという危惧がある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【参考資料7】敬語に関する国語審議会・文化庁の答申

 

「これからの敬語」(昭和27年4月14日に出された国語審議会建議)

 

  1. 人をさすことば1自分をさすことばとしては、「わたし」を標準の形とする。(相手をさすことば)
  2. 「あなた」を標準の形とする。
  3. 2「わたくし」はあらたまった場合の用語とする。
  4. (自分をさすことば)
  5. 敬称2「さま(様)」は、あらたまった場合の形、また慣用語に見られるが、主として手紙の宛名に使う。4社会人としては原則として「さん」を用いる。三、「たち」と「ら」2「ら」は書き言葉で「A氏、B氏、Cら」のように誰にでも使ってよい。(つけてよい場合)お帽子はどれでしょうか。2真に尊敬の意を表す場合。先生のご出席おはようごはんおいでになる(すべて「お―になる」の型)4自分の物事ではあるが、相手の人に対する物事である以上、それをつけることに慣用が固定している場合。お願いご遠慮(省けば省ける場合)(お)米・(お)菓子・(お)茶碗・(お)昼(お)ビール・(お)くつした・(ご)芳名(ご)卒業された(「卒業された」「ご卒業になった」が正しい)これからの対話の基調は、「です・ます」体としたい。動詞の敬語法には、およそ三つの型がある。受ける―Ⅰ受けられる・Ⅱお受けになる・(Ⅲお受けあそばす)「お―になる」の型を「お―になられる」という必要はない。七、形容詞と「です」八、あいさつ語おはよう。おはようございます。いってきます。いってまいります。九、学校用語(お)教室・(お)チョ―ク・(お)机十、新聞・ラジオの用語政治的記事には「氏」を中心に使う。十一、皇室用語「玉体・聖体」は「おからだ」「宝算・聖寿」は「お年・ご年齢」「勅語」は「おことば」 文化審議会の5分類案Ⅰ 従来の敬語の分類三分類・・尊敬語・謙譲語・丁寧語Ⅱ 文化審議会の敬語の五分類案―菊地康人『敬語』(講談社)-文化庁文化審議会は、平成19年2月「敬語の指針」を答申1尊敬語2謙譲語Ⅰ3謙譲語Ⅱ(丁重語)4丁寧語5美化語  基礎編 ビジネス国語7レッスンレッスン2知ってるつもり?学び直し国語の基礎  編集部レッスン4接続詞はないのが普通  石黒圭レッスン6外資系コンサルの構造的メール法  山崎康司B『仕事のための5つの基礎力』日経ビジネス アソシエ2015仕事のルール・マナーリーダー力 ・・人間関係の古典的存在、企業研修でも数多く採用された世界的名著。1.盗人にも五分の理を認める3.人の立場に身を置く1.誠実な関心を寄せる3.名前を覚える5.関心のありかを見抜く人を説得する十二原則2.誤りを指摘しない4.穏やかに話す6.しゃべらせる8.人の見になる10.美しい心情に呼びかける12.対抗意識を刺激する1.まずほめる3.自分の過ちを話す5.顔をつぶさない7.期待をかける9.喜んで協力させるbティーブン・コヴィー『7つの習慣』習慣の育成のための三つの要素第一の習慣 主体性を発揮する第三の習慣 重要事項を優先する第五の習慣 理解してから理解される第七の習慣 刃を研ぐ(解説)
  6. 認知心理学者のダニエル・カーネマンは、「行動経済学」を提唱して、心理学者でありながら2002年にノーベル経済学賞を受賞した。ダニエル・カーネマンは、人間の意思決定が経済に多大な影響を及ぼすとして、その著書『ファスト&スロー』が世界中で広く読まれたことは記憶に新しい。これを契機に、心理学者によるビジネス心理学の研究、著作が次々と著されるようになった。
  7.  
  8. 第六の習慣 相乗効果を発揮する
  9. 第四の習慣 Win-Winを考える
  10. 第二の習慣 目的を持って始める
  11. =知識(何をするか、なぜするか)・スキル(どうやってするか)・やる気(実行したい気持ち)
  12. ・・ビジネス心理学として世界的に読まれた名著→ジェームス・スキナー『成功の9ステップ』
  13.  
  14. 8.激励する
  15. 6.わずかなことでもほめる
  16. 4.命令をしない
  17. 2.遠まわしに注意を与える
  18. 人を変える九原則
  19. 11.演出を考える
  20. 9.同情を寄せる
  21. 7.思いつかせる
  22. 5.「イエス」と答えられる問題を選ぶ
  23. 3.誤りを認める
  24. 1.議論を避ける
  25. 6.心からほめる
  26. 4.聞き手にまわる
  27. 2.笑顔を忘れない
  28. 人に好かれる六原則
  29. 2.重要感を持たせる
  30. 人を動かす三原則
  31. aデール・カーネギー『人を動かす』
  32. 調整力
  33. プレゼン・アピール力
  34. 伝える力
  35. レッスン7推敲なくして明文なし  藤沢晃治
  36. レッスン5パラグラフを活用する  倉島保美
  37. レッスン3米国の大学生が学ぶ「説得力」  吉岡友治
  38. レッスン1論理力がすべての基本だ  野矢茂樹
  39. A「特集学び直し国語力」『週刊東洋経済』2017.10.7
  40. 【参考資料】ビジネス国語・ビジネス心理学
  41. 物事を美化して述べるもの。
  42. 話や文章の相手に対して丁寧に述べるもの。
  43. 自分側の行為・物事などを、話や文章の相手に対して丁重に述べるもの。
  44. 自分側から相手側または第三者に向かう行為・物事などについて、その向かう先の人物を立てて述べるもの。
  45. 相手側または第三者の行為・物事・状態などについて、その人物を立てて述べるもの。
  46. →「1尊敬語・2謙譲語・3丁寧語」の三分類を、五分類にする案を提出。
  47.  
  48.  
  49. 二分類・・素材敬語(尊敬語・謙譲語)と対者敬語(丁寧語)
  50.  
  51.  
  52. 「朕」は「私」
  53. 「叡慮・聖旨」は「おぼしめし・考え」
  54. 「天顔・竜顔」は「お顔」
  55. 昭和22年8月、宮内庁当局との報道関係との間に基本的了解が成り立っていた。
  56. 犯罪容疑者には敬称を省略してもやむをえない。
  57. 敬称も「さん」を使うのは妥当である。
  58. 2「です・ます」体が望ましい。
  59. 1「お」の使いすぎに注意。
  60. いただきます。ごちそうさま。いってらっしゃい。
  61. おやすみ。おやすみなさい。
  62. あいさつ語は決まったままでよい。
  63. これまで問題になっていた「大きいです」「小さいです」などは、認めてよい。
  64. あそばせことばは、おいおいすたれる形であろう。
  65. 「れる」「られる」は簡単であるので、将来性がある。
  66. 書く―Ⅰ書かれる・Ⅱお書きになる・(Ⅲお書きあそばす)
  67. 六、動作の言葉
  68. 五、対話の基調
  69. (ご)調査された(「調査された」「ご調査になった」が正しい)
  70. (省くほうが良い場合)
  71. 女性の言葉としては「お」がつくが、男子の言葉としては省いていえるもの。
  72. ご報告いたします
  73. お礼
  74. お手紙(お返事・ご返事)をさしあげましたが
  75. ごらんになる(すべて「ご―になる」の型)
  76. ご苦労さま
  77. おかず
  78. 3慣用が固定化している場合。
  79. 先生のお話
  80. ご意見はいかがですか。
  81. 1相手の物事を表す「お」「ご」で、それを訳せば「あなたの」という意味になるような場合。
  82. 四、「お」「ご」の整理
  83. 1「たち」は現代語としては、「わたしたち」と自分のほうにつけてよい。
  84. 5職場用語としては、「先生」「局長」「社長」「専務」「課長」などには「さん」をつけて呼ばない。
  85. 3「氏」は書き言葉用で、「さん」を話し言葉用として使う。
  86. 1「さん」を標準の形とする。

哲学のジャンルとトピック

 

哲学のジャンル

「哲学」と「言語学」については、言葉で物事を思考するので、哲学と言語学とは二大学問とも呼べます。「哲学」は「真理の探究」と「心の探究」「善の探究」がテーマです。「真理の探究」からは、自然科学分野や「論理学」が発達しました。「心の探究」の分野から「心理学」が分離し、さらに「心理学」の応用として「教育学」が成立しています。また、「善の探究(よりよく生きる)」からは、「倫理学」が成立しています。「哲学」「倫理学」「論理学」の三ジャンルは、哲学の上では必須となります。中世には、「哲学」の上位として「神学」を置いた時代もありました。そのため、、自然科学・社会科学・人文科学もその範囲になります。

 

哲学のトピック

 哲学者の関心は、時代の推移とともに移り変わっていますが、哲学者の関心は以下の五つになるようです。変遷はあるものの、今でも以下の五つのトピックは論じられています。

一 存在論

二 認識論

三 言語論

四 行為論

 

実践心理学体験レポート

私が、初めて実戦的な心理学を学ぼうと考えて通ったのが、日本メンタルヘルス協会の基礎コースでした。

そこの修了レポートをアップしてみます。講師の衛藤信之先生の紹介してくださる著作など、すべて読みました。

実践的な心理学のよさを痛感したものです。そのときの修了レポートがでてきましたので、アップしてみます。

 

心と体の相関関係

 

本レポートでは、体験・前編・後編の各々の講座の内容について、各章においての気づき・印象・感想などを記述することとする。

 

(体験講座)

この体験講座だけでも得るものが多い内容であった。少なくとも、これからの実践的な心理学の方向性を示すものとして、抜群の内容であった。価値観、離別感など多くのことを学べた。まさに、大学では学べない内容も多く盛り込まれていた、たいへん魅力的な講座内容であり、先が知りたいと思った。全体的なダイジェストといった感じであった。まさに、実践的な心理学といった感じで、魅了された。

 

(前編)

1聴き方秘密のテクニック

「パッシブリスニング」(沈黙・あいづち・思いを引き出す言葉)と「アクティブリスニング」(繰り返す・話をまとめる・気持ちをくむ)という、聴き方の二分類は、言われてみて、はじめて意識した。聴き方を二分類することですっきりと理解することができた。また、カール・ロジャースの非指示的な聴き方の重要性について理解できた。「芸能記者質問型」「過保護同意型」「おせっかいな助言型」「冷静な学習型」「うるさい説教型」「ノー天気なごまかし型」という、やってはいけない質問の仕方は、日常でうっかりやりがちであるので、気を付けたいと思った。

2心のストレスを取り去るからくり

脳幹・大脳辺縁系大脳新皮質という、脳の三層構造と進化の過程を考えることで、脳幹に焦点を当てる考え方により、本能を解放する生き方は、大脳生理学を応用したもので、心理学に脳の研究を持ち込む重要性を改めて認識した。脳には興味があったので、たいへん興味深い内容であった。この大脳を生かした心のストレスを取り去る方法は、説得力があり、参考になった。また、三大本能として、「食欲」「性欲」に加えて「集団欲」というものが存在することは、目から鱗であった。今のNPOの在り方にも通じるものであると思った。

3大切な人への心の伝え方

「救助の自己開示」「感謝の自己開示」「予防の自己開示」という、自己開示(Iメッセージ)の仕方の三分類は、たいへん役に立った。普段、YOUメッセージになっていることが多いので、Iメッセージにする重要性を認識した。なかなか言いにくいことではあるが、積極的に活用してみようと思った。

4悩みを取り去るマイクロ・カウンセリング

アレン・アイヴィの提唱するマイクロカウンセリングの有効性は、さまざまな症状について対応するスキルを身につけることの有効性であった。最近、よく耳にするNLPという心理学があるが、そのの原点をみるような印象を受けた。むしろ、NLPよりもマイクロカウンセリングのほうが、それぞれのカウンセリングの原点を示してあるので、発展学習がしやすいという印象を受けた。このマイクロカウンセリングという考え方には、心から賛同した。

 

(後編)

1わかりあえる解決法

紙に書き出すとすっきりと整理でき、悩みを解決する方法は、デール・カーネギー『道は開ける』やセルフカウンセリングなどの世界では有名である。その価値観の違いという根本に関わる問題についての解決法をブレーンストーミング(脳の嵐)という、会議で徹底的に紙に書きだす手法を用いて見事に解決する手法は、すばらしいと思った。一見、狂ったように紙に思いつくままに書き出していくのだが、まさに、win-winの発想で、ワークも盛り上がった。ぜひ、実践してみたいと思った。また、ワークを通じて、あまり考えずに紙に書きだすのも効果絶大であることは、初めて知った。このブレーンストーミングのワークのあとで、知人に試してみたところ、効果絶大であった。この方法の上に、「勝負なし法」(何についての対立か、はっきりさせる。いろいろな解決策を出してみる。出てきた解決策を一つ一つ評価する。一番いい解決策を選ぶ。その解決策をどうやって実行するかを考える。うまくいっているかを調べる)と「会議のやり方」(問題発見会議・ブレーンストーミング・評価意思決定会議・役割実行会議・定期的フォロー会議)(があることがわかった。特に、会議のやり方の手順の箇所で、「ブレスト会議」を用いることの価値が理解できた。

2落ち込みグセ脱出

アルバート・エリス博士の論理療法は、ABC理論(A出来事、B受け取り方、C感情)に基づき、視点を変えることで、見方も変わることが示され、物事のとらえかたの重要性を感じた。非論理的(イラショナルビリーフ)から論理的(ラショナルビリーフ)への視点の変換は、重要だと思った。とらわれてはいけないことを学んだ。「should」「must」といった「ねばならない」「てはいけない」ということは、とらわれの思想であると思ったので、注意したい。

3音楽力

音楽の与える力やイメージ力を痛感する内容であった。特にワークのときに、さまざまなイメージに意見が参考になった。本能が喜ぶ1/fというゆらぎの音が重要であることは、意外であった。また、音楽については、モーツァルト、バッハ、ビバルディなどのバロック音楽が心臓の心拍数に近い音なので、心によいということは知っていたが、アルトシュラー博士の「同質の原理」には、固定観念を打ち破る考え方であった。感情を解放するために、悲しいときには、あえて悲しい音楽を聴くことの重要性は、すばらしいと思った。また、情動発散には、「動的開放」と「静的開放」とがあり、疲れているレベルとストレスのレベルに分ける考え方も参考になった。

4生まれ変わる8ステップ

エリクソンの人間の成長段階に応じた獲得する理想のテーマ(基本的信頼・自律性・イニシアチブ・生産性・自我同一性・親密さ・生殖性・自我の統合)を追うことで、どこで躓き、どこで成長を阻害しているかを知ることで、生き方の指針につながった。この8つ段階(乳児期、2歳前後、3から6歳、児童期、思春期、成長期、親となる時期、中年期から老年期)に分類することで、人生を考えることができた。

5魔法の暗示

近年、プラス思考に対する疑いの本が出版されているが、本当の意味でのプラス思考とは、生き方・考え方に加えて脳波がα波であることがよく理解できた。また、ことばの暗示の威力が絶大であることを感じた。理性脳・本能脳・脳幹・自律神経・交感神経・副交感神経といったキーワードも重要であると感じた。また、脳波の種類、α波の効用、自律訓練六方式の説明もよく理解できた。講座では、実際に催眠状態になった受講生の状態や、持ち上げられるようになる実例を示した上で、自己催眠・自己暗示の効果がよく理解できた。脳波と暗示、潜在意識について考えるきっかけになった。また、ハンス・セリエ博士のストレスについての考え方もよく理解できた。

6テストセラピー

YG検査やバウムテストといった心理学の講座での深層心理テストの存在は知ってはいたのだが、実際にやってみたのは、初めてであった。特に絵画法(バウムテスト)は、現在や過去の自分の状態がよく反映されていると感じた。木や家族を描くことがカウンセリングに役立つことがわかった。絵画の不思議を体感することができた。

7幸せ発見法

フリッツ・パールスのゲシュタルト療法は、治療カウンセリングの中でも効果絶大であると感じた。聴くだけでは解決できないことを、椅子を用いながらポジションチェンジを「行うことで視点を変える技法によって、考え方を変えていくやり方は、カウンセラーがいなくてもできる方法なので、素晴らしいとおもった。また、その源流が森田療法にあることも、意外であった。世界の東西での影響関係も面白いと思った。このことにより、救うことができるので、すばらしいと思った。

8未来心理学

トランスパーソナル心理学については、以前から興味があったのだが、心理学での実際の講義を聴くのは初めてであった。ユング集合的無意識という考え方については、ぼんやりとしか意識していなかったのだが、映像などでの説明がわかりやすかった。実は、ユング集合的無意識は、どのような活用法があるのかわからなかったのだが、シンクロニシティやトランスパーナル心理学につながるものであることが、よく理解できた。このトランスパーソナル心理学を積極的に活用したいと思った。