藤原定家と日本語学

藤原定家

1.藤原定家(1162-1241)

藤原定家は、「ふじわらのさだいえ」が正式名称ですが、歌学や書道の世界では尊敬するときには音読みする習慣があるので、「ふじわらのていか」と呼ぶことが多く行われてきました。また、「姓+の+名」にする所属の「の」を入れる習慣が鎌倉時代までは強いので、「ふじわらていか」ではなく、「ふじわらのていか」と呼ぶことが多いのです。鎌倉時代前期の代表的な歌人で、生涯で4000首ほど残っています。その歌風は、華麗妖艶と言われます。和歌集としては『新古今和歌集』『新勅撰和歌集』の編纂、『拾遺(しゅうい)愚(ぐ)草(そう)』があり、歌論書としては『近代(きんだい)秀歌(しゅうか)』『詠歌(えいか)大概(たいがい)』、漢文日記の『明月記(めいげつき)』などがあります。和歌の注釈書としては、『顕註(けんちゅう)密(みっ)勘(かん)』があります。「註」と「注」の違いは、ことばでやさしく説明する意味のときは「註」、固い土に水をかけて解きほぐす意味のときには「注」の文字を使用します。また、『古今和歌集』『伊勢物語』『更級日記』『土佐日記』の校訂書写を行い、古典文学作品を後世に伝えた功績は大きいとされています。

【日本語学の業績】

日本語学での業績としては、仮名遣いを発音に応じて書き分けたという業績があります。藤原定家の頃には、実際の発音と仮名との対応関係が崩れてきていました。そこで、藤原定家は『下官集(げかんしゅう)』という書写の心得の中で、発音の高い(上声)の「ヲ」には「を」、発音の低い(平声)の「オ」には「お」の仮名を当て、「え・へ・ゑ」と「ひ・ゐ・い」の文字については、「しろたへ」「すゑ」古い文献をもとに、単語ごとに基準を示しました。これを「定家仮名遣い」と呼び、行阿(ぎょうあ)が増補した『仮名文字遣』を通じて普及していきました。

 

 

 

藤原定家と日本語学

藤原定家

1.藤原定家(1162-1241)

藤原定家は、「ふじわらのさだいえ」が正式名称ですが、歌学や書道の世界では尊敬するときには音読みする習慣があるので、「ふじわらのていか」と呼ぶことが多く行われてきました。また、「姓+の+名」にする所属の「の」を入れる習慣が鎌倉時代までは強いので、「ふじわらていか」ではなく、「ふじわらのていか」と呼ぶことが多いのです。鎌倉時代前期の代表的な歌人で、生涯で4000首ほど残っています。その歌風は、華麗妖艶と言われます。和歌集としては『新古今和歌集』『新勅撰和歌集』の編纂、『拾遺(しゅうい)愚(ぐ)草(そう)』があり、歌論書としては『近代(きんだい)秀歌(しゅうか)』『詠歌(えいか)大概(たいがい)』、漢文日記の『明月記(めいげつき)』などがあります。和歌の注釈書としては、『顕註(けんちゅう)密(みっ)勘(かん)』があります。「註」と「注」の違いは、ことばでやさしく説明する意味のときは「註」、固い土に水をかけて解きほぐす意味のときには「注」の文字を使用します。また、『古今和歌集』『伊勢物語』『更級日記』『土佐日記』の校訂書写を行い、古典文学作品を後世に伝えた功績は大きいとされています。

【日本語学の業績】

日本語学での業績としては、仮名遣いを発音に応じて書き分けたという業績があります。藤原定家の頃には、実際の発音と仮名との対応関係が崩れてきていました。そこで、藤原定家は『下官集(げかんしゅう)』という書写の心得の中で、発音の高い(上声)の「ヲ」には「を」、発音の低い(平声)の「オ」には「お」の仮名を当て、「え・へ・ゑ」と「ひ・ゐ・い」の文字については、「しろたへ」「すゑ」古い文献をもとに、単語ごとに基準を示しました。これを「定家仮名遣い」と呼び、行阿(ぎょうあ)が増補した『仮名文字遣』を通じて普及していきました。

 

 

 

文学作品と日本語学(1)

文学作品と日本語学(1)

 

1.文学史の整理-上代から中世

 

上代文学

古事記・・稗田阿礼誦習。太安万侶の筆録。

日本書紀・・舎人親王

万葉集・・大伴家持撰。「ますらをぶり」

 

物語文学(平安時代

【伝奇物語】

竹取物語・・「物語の出で来はじめの祖」(源氏物語

宇津保物語・・長編。源氏物語に影響。

落窪物語・・継子いじめ話。

【歌物語】

伊勢物語・・歌物語。在原業平がモデル。「みやび」

大和物語・・歌物語。前半が歌人の逸話、後半が説話的。

平中物語・・平貞文がモデル。「をこ」

源氏物語・・平安時代の物語文学の最高傑作。紫式部。五十四帖。「もののあはれ

    ↓

源氏物語の影響】

堤中納言物語・・短編物語集。「このついで」「虫めづる姫君」「はいづみ」などを載録。

夜半の寝覚

浜松中納言物語

狭衣物語・・長編。

とりかへばや物語

 

日記文学

(平安)

土佐日記・・紀貫之

蜻蛉日記・・藤原道綱母

和泉式部日記

紫式部日記

更級日記・・菅原孝標女

讃岐典侍日記

(鎌倉)

十六夜日記・・阿仏尼

 

説話文学

(平安)

日本霊異記・・景戒。仏教説話。

三宝絵詞・・仏教説話。

今昔物語集

(鎌倉)

宇治拾遺物語・・世俗説話。

発心集・・鴨長明。仏教説話。

十訓抄・・教訓書。

古今著聞集・・橘成季。世俗説話。

沙石集・・無住。仏教説話。

 

歴史物語

(平安)

栄花物語・・編年体藤原道長を賛美。

大鏡・・紀伝体。大宅世継と夏山繁樹の語る昔話。藤原道長を批判。

(鎌倉)

今鏡

水鏡

南北朝

増鏡

 

軍記物語

(鎌倉)

保元物語

平治物語

平家物語・・仏教的無常観。和漢混交文。琵琶法師の平曲。

異本(源平盛衰記

南北朝

太平記

曽我物語

(室町初期)

義経記

 

三大随筆

 

枕草子・・清少納言。父は清原元輔。「をかし」

方丈記・・鴨長明。和漢混交文。

徒然草・・兼好法師。和漢混交文。擬古文。

 

八代集

平安時代

古今和歌集・・905年。紀貫之らの撰。「たをやめぶり」

後撰和歌集・・梨壺五人の撰。

拾遺和歌集・・源氏物語枕草子と同時期

拾遺和歌集

金葉和歌集・・源俊頼

詞花和歌集

千載和歌集・・藤原俊成

鎌倉時代

新古今和歌集・・1205年。後鳥羽院の勅命。藤原定家らの撰。

 

六歌仙

大伴黒主 喜撰法師 小野小町 

僧正遍照 文屋康秀 在原業平

 

私家集

山家集・・西行

金塊和歌集・・源実朝

建礼門院右京大夫集・・女版平家物語

 

歌謡集

和漢朗詠集・・藤原公任

梁塵秘抄・・後白河法皇の撰。「今様」

 

2.資料-『万葉集』の表記-

 

「東野炎立所見而反見為者月西渡(『万葉集』・48)の訓み下し」の問題点

 

a.賀茂真淵の訓み下し

ひむがしののにかぎろひのたつみえてかへりみすればつきかたぶきぬ万葉集・四八)

(東の野にかぎろひの立つ見えて返り見すれば月傾きぬ)

b.旧訓

あづまののけぶりたてたるところみてかへりみすればつきかたぶきぬ

 

(参考)

菜の花や月は東に日は西に与謝蕪村

 

 c.賀茂真淵の訓み下しの語法上の欠点

〇「見ゆ」が活用語を受ける場合には、「終止形+見ゆ」でないといけないのに、「野にかぎろひのの」の「の」を読み添えているために佐伯梅友(1938)『万葉語研究』(文学社)の説からすると、「―の―連体形」となり、「連体形+見ゆ」で、「立つ(連体形)見えて」になってしまっている。

〇「炎」を「かぎろひ」と訓んでいるが、「けぶり」ともよめる。

〇「月西渡」を「月傾きぬ」「月傾けり」「月は傾く」と訓んだり、あるいは表記をそのまま生かして、「月西渡る」ともよめる。

 

d.伊藤博(1995)『万葉集全注』(集英社

ひむがしののにはかぎろひたつみえてかへりみすればつきにしわたる

東の野にはかぎろひ立つ見えて返り見すれば月西渡る

 

e.佐佐木隆(1996)『上代語の構文と表記』(ひつじ書房

ひむがしののらにけぶりはたつみえてかへりみすればつきかたぶきぬ

東の野らに煙は立つ見えて返り見すれば月傾きぬ

 

ただし、「月西渡」を、伊藤博(1983)『万葉集全注』(有斐閣)では、「万葉では西空の月には必ず傾くというのを尊重してカタブキヌの訓を採る」として「月傾きぬ」としてあったものを、伊藤博(一九九五)『万葉集全注』(集英社)では、以下のように「月西渡る」としている。

 

「『東の野にはかぎろひ立つ』に対しては、原文『月西渡』の文字にそのまま則してツキニシワタルと訓ずる方が適切であろう。『西渡る』は、月や日の移る表現として漢詩文に多用される『西○』(西流・西傾・西帰など)を意識したものらしい」

 

  1. 日本語学Q&A

(問)

古典文法で、「射る」はヤ行上一段活用だと学びましたが、上一段活用は納得できました。しかし、活用が「い・い・いる・いる・いれ・いよ」となり、ア行でもよいと思いますが、どうしてヤ行なのでしょうか。

(解答)

 これは、あくまでも推測というレベルで行っている問題です。つまり、ア行かヤ行であるなら、文脈を見るということになります。「弓矢を射る」という使い方をします。つまり、「る」という「ヤ行」で説明すれば統一できるというわけです。そのため、「射る」は「ヤ行」にしているわけです。

 

 

流行・攻撃性

流行について

(流行のイノベーター理論)

○異端期

イノベーター・・好奇心旺盛で革新的な消費者が、新商品をいち早く購入する。市場の2.5%。

○流行期

オピニオンリーダー・・個性的であることを好む人たちがイノベーターを追う。市場の13.5%。

アーリーマジョリティ・・それまで慎重だった人たちも、周囲の動きに同調して流行を取り入れようとする。

レイトマジョリティ・・さらに流行に追随する人が増えるが、ピークは過ぎる。

ラガード・・流行に見向きもしないか、追随する頃には次の流行が始まっている。

(流行の4要因)

・独自性への欲求・・人と違う自分でいたい

変身への欲求・・日常の自分を捨て、変わりたい、違う自分になりたいという欲求。

自己顕示的な欲求・・個性的でありたい、周囲から際立った存在でいたいという欲求。

・同調の欲求・・周りと一緒がいい

斉一性への欲求・・周りの人と同じように行動したい、孤独を感じたくないという欲求。

威光への欲求・・芸能人やスポーツ選手を自分と同一視して、スタイルを真似したいという欲求。

(購入までのプロセス)

1認知・・店頭や広告を通じて商品の存在を知る。

2理解・・商品の特徴、ほかの商品との違いを知る。

3確信・・欲しい、使ってみたいという欲求が生じる。

4購入・・店頭で商品を手に取る段階。

 

攻撃性手がかり理論

(攻撃行動の多面性)

身体的攻撃傾向

暴力など身体的攻撃反応などを行う傾向

言語的攻撃傾向

批判、自己主張など言語的な攻撃反応を行う傾向

間接的攻撃傾向

怒りや敵意を間接的に表現する傾向

敵対的な態度・認知・信念

出来事を挑発や敵意と認知しやすい傾向

攻撃的情動

怒りの感じやすさと表出抑制の程度

罪悪感・敵意の抑制

人を傷つけることへの罪悪感、敵意の過剰抑制傾向。

サディズム・暴力衝動

人を苦しめて快を感じる傾向爆発の衝動

攻撃性に関連した諸特性

支配性、自己主張、権威に対する態度、タイプA、権力の軽視、マキャベリズムなどの攻撃や、暴力の反応をもたらしやすい性格傾向。

対人葛藤への反応傾向

人との対立を解決する個人的スタイル

加害体験・被害体験

発情期における暴力の被害体験と加害体験

対女性暴力

女性に対する暴力傾向

攻撃性に関連する病理

攻撃性に親近感を持つ精神症状

 

(バーコヴィッツの攻撃性の公式)

「攻撃性への準備(レディネス)+攻撃の手がかり=攻撃反応」

※攻撃性への準備・・フラストレーション・他者からの攻撃・攻撃習慣

 レディネスが高いときには、きっかけなしに攻撃反応に移る。

 

ディベートの原則

ディベートの鉄則)

1主張するものは証明すべし

2沈黙は同意を意味する

3建設的な議論をする

4人格と議論を切り離す

5意見と事実を切り離す

ディベートの禁止事項)

1揚げ足取り

2水掛け論

3詭弁、屁理屈

4個人攻撃

5データ(証拠資料)の捏造

 

 

小西甚一の漢文私観

小西甚一の漢文についての学習参考書はないが、小西甚一(1966)には、漢文好きであったが、能勢朝次の意向で国文科に回されたことや、江戸時代後期の訓読が、徂徠学派の影響及び漢学者のギルド化によるとして以下のように批判している。

漢文教育が株屋仲間でジリ貧と称する様相を濃くしてゆくのは、要するに、漢学者諸公が18世紀の亡霊につかれているからであって、この亡霊を追っ払うことが、さしあたっての急務だと思う。かさねて言う。なぜ一八世紀の日本の漢学だけに執着しなくてはならないのか。シナは世界のシナであり、悠久三千年のシナなのである。

また、研究書で有名な『文鏡秘府論考 研究篇上』の序に以下のように記されている。

漢文化に対する理解が浅薄であるとき、純粋に日本的なるものを正しく把握できるかどうか疑はしい。独りでは自身の姿を視ることができず、他にしみるものが有つてこそ、始めて真にみづからを理解するのである。・・〈中略〉・・寧ろ、真の日本的なものを完成するため、みづからに無いものを培はうとするのである。そこに新しい世界性も展けるのではなからうか。

このように、漢文への造詣の深さを持っていることを考えると、漢文の学習参考書がないのが残念である。

小西甚一(一九四八)『文鏡秘府論考 研究篇上』大八洲出版

小西甚一(一九六六)「漢文私見」『国文学 言語と文芸』四五(大修館書店)

 

シュプランガーの価値類型

シュプランガーの価値類型による分類

人は常に周囲の環境社会と関係をもちながら生活しているが、その社会生活上の諸活動や文化の諸領域への関心や価値志向のあり方を見ると、そこには人によって様々な相違が見られる。シュプランガー(Spranger, E. 1914)は人間の精神活動がいかなる価値を中心的価値として追求しているかによって、次のような類型を立てた。

1理論人(der theoretische Mensch)

彼の心は純粋な客観性に向けられている。感情・欲求・嗜好・嫌悪・恐怖・希望などに対する対象の関係は彼にとって無意義であり、彼はただ客観的認識への熱情を知るだけである。彼はひたすら真理を追究するが、実生活上の問題の解決には無力である。個人主義になる。

2経済人(der ökonomische Mensch)

彼はすべての生活関係のなかで実用的な着眼点を重要視する。実際的人間と呼んでもよい。彼の行為の主要価値は行動自体のなかにあるのではなく、そこからもたらされる実用的効果に存する。彼はすべてのものをその利用価値に従って経済的見地から判断する。彼はまったく利己的であり、その欲望の目的は財産である。

3審美人(der ästhetische Mensch)

彼は現実的な欲求や行動に直接つながりあうことをせず、むしろ理論的な思慮を離れて生活の様々な遊びを楽しく観照する。そうした人びとのうち、生活の印象を純粋に受動的な態度でとらえ、すべてのものからあたかもその芳香を吸収するような人が印象派(Impressionist)であり、他方、あらゆる印象に対して自己固有の主観的色彩を付与するような、強烈な内面性を有する主観的性質の人が表現派(Expressionist)である。この型の人びとにとっては美は最高の感覚充実であり、また人生の本来の生活価値である。

4社会人(der soziale Mensch)・・社交的な人

社会的態度は他人の生活への関心であり、共同社会との献身的な融合である。その最高度の発現は社会的な精神愛であり、対象は個人から社会全体にまでおよぶことになる。彼らは他の人びとに助力することのなかに自己の生活の最高の価値を見出す。彼らは思慮も打算もせず、経済的な原理に対してはきびしく対立する。しかし、純粋の社会型は稀であって、精神的献身の行動は同時に自己価値の高揚として体験される。社会型の最高の現世的表現形式は母親であり、その場合は愛の本能が全人格を構成する生活意志になるのである。

5政治人(der Machtmensch)権力志向の人

彼は権力意識と権力享楽に傾倒し、支配と命令を志向する。彼は自らを力として感受し、その力のなかでのみ彼独自の生活意識を満たしていく。生活上すべての価値領域は彼の権力欲に奉仕させられるのであって、知識は支配の手段であり、芸術は権力衝動の展開に奉仕すべきものとされる。この権力人を経済人と混同してはならない。権力人は節約とか労働とかの経済の法則には従わず、むしろ外交や談判、征服や強制によって事態を処理するのである。

6宗教人(der religiöse Mensch)

信仰の核心は存在の最高価値を探求するところにある。至高のものを自己のなかに見出した者は、法悦と救済を感ずる。ところで、この型のなかにもいろいろな相違が見られる。すなわち、内在的神秘家(immanenter Mystiker)の宗教は絶対的な生命肯定を志向しており、人生のすべての積極的価値のなかに神性の発露を見出す。他方、超越的神秘家(trnszender Mystiker)はすべての生活価値を存在の生活価値とは無関係のものと見て、最高価値を極端な現世否定の道の上に見出そうとする。しかしこれら両者の極端なものは稀であって、普通は双方の結合型が存在する。

ユングの類型論

ユングの類型論

ユングは、大きく人間の性格を内向型と外向型に分類し(フロイトと兄弟子のアドラーが対立しているのは関心の向きではないかと推測したのがスタートとされる)、さらに誰でも心には4つの機能があるとし、その4つの機能類型の中で一番、発達している部分を優越機能と呼び、星座との対応を考えましました。そして、それらを組み合わせ8つのタイプにしました。この分類は固定化されたものではなく、周囲と環境によって機能の配置転換が行われるとし、「個性化の過程」と呼びました。

 

ユングの内向型・外向型)・・関心の向きによる

内向型・・自己の内面に関心が向くタイプ。心のエネルギーは自分の内面に向かう。自分はどう思うかが基準。他人の意見に批判的。

外向型・・外部のものに関心が向くタイプ。周囲や現実に向かう。他人がどう思うかが基準。他人の意見に迎合的。

 

ユングによる心の四つの機能)

直感型―火の星座(牡羊座・獅子座・射手座)に対応

衝動的・情熱的・行動力・冒険心・理想・・ものごとの隠れた可能性に気づく

感覚型―地の星座(牡牛座・乙女座・山羊座)に対応

現実・物質・・五感を通してとらえる

思考型―風の星座(双子座・天秤座・水瓶座)に対応

変化の激しさ・コミュニケーション・・分析的・論理的にとらえる

感情型―水の星座(蟹座・蠍座魚座)に対応

静か・情にもろい・好き嫌いが激しい・・好き嫌いでとらえる

【解説】

Ⅰ外向的

(思考型)

自分の生活活動を、すべて客観的な事実に即して考えるタイプ。男性に多い。(例)ダーウィン

(感情型)

感情の命じるままに生きるタイプ。

(感覚型)

現実主義者。

(直感型)

将来に対する予期の態度が強く、いつも新しい可能性を求め、どんな生活も長く続くと牢獄のように感じる。

Ⅱ内向的

(思考型)

主観による思考を主にする、観念的なタイプ。(例)カント

(感情型)

物静かで、万事を主観的な感情で処理しようとするタイプ。

(感覚型)

外からの刺激を自分の主観にそって受け取るタイプ。創造的な芸術家ではそこに表現欲がともなう。

(直感型)

空想家、芸術家、あるいは神秘的な夢想家や預言者のタイプ。